IPv6 Softbank光 インターネット 光ファイバー

遅いインターネット回線を少しでも改善する方法

IPv4による通信はもう限界

私は自宅で「Softbank光」を利用しているが、個人的にずっと使っていたルータがあったため、ONUと呼ばれる装置のみレンタルして接続していた。

ルータはそこそこ高性能なものなのだが、土日や平日の夜間などは、光ファイーバーといえども、LTE回線よりも低速になってしまうことも日常茶飯事だ。

簡単に言ってしまうと、光ファイバーによる通信が普及したため、網の目のように張り巡らされている光回線をまとめて太い回線に接続する場所が混雑してしまうのだ。

高速道路の料金所のようなもので、ここがボトルネックになってしまう。

どれくらい遅いかというと、下図の通りだ。

平日の昼間はそこそこなのだが、平日の夜や土曜日は大幅に速度低下していることがわかる。

IPv6による通信で速度を改善

少しでも速度改善するためにSoftbank光のサポートと相談し、「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」と呼ばれるサービスを利用することにした。

これを利用するためには、「光BBユニット」と呼ばれる機器をレンタルして設置する必要がある。このような装置だ。

実は最初にサポートに相談した際に、届いたユニットを接続して、1週間くらい経つとIPv6による通信が可能となる、という説明を受けた。

実際、接続確認のためのページをチェックしていたところ、6日経過した時点で「IPv6で通信しています」と表示された。

この段階で速度をチェックしても、全く改善が認められなかったことに加え、送られてきたユニットの無線LANが2.4GHzにしか対応していないものだったため、再度サポートに連絡した。

BBユニットにはいくつか種類があり、古い型番の機器だとそもそも速度が出ないという話も聞いていたので、新しい機器への交換を依頼したのだが、ここで驚きの事実が判明。

光BBユニットを利用しているだけでは、IPv6サービスは利用できない。

当初から光BBユニット込みで契約している場合は不明だが、後で追加する場合は「IPv6で接続する」ということを伝えなければいけないようだ。

これからBBユニットをレンタルする、という方は、「新しい型番のもの」と「IPv6が利用できるもの』ということをしっかり伝える必要がある。

機器の交換による速度改善の効果

やっと新しい機器が送られてき他ので、これを設置したところ、速度的に改善が見られた。下図の通りである。

上の図と比べても、土曜日については時間帯による差がほとんど出ていないことがわかる。

平日の夜については、まだ試せていないが、決して爆速というわけではないものの、この速度が維持できるようなら、それほど不満はない。

さらなる速度向上を考えるなら、Nuro光への移行が一番なのだが、Softbank光の更新時期である今年の5月までに検討したい。

Ad by Google

-IPv6, Softbank光, インターネット, 光ファイバー

Copyright© 退屈な日々 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。