Apps

自宅で使うMS Office 最適なプランはどれ?

家庭向けOfficeのプランは3つ

職場で日常的にWordやExcelを使っていると、自宅のPCでも同じように利用したいと考えている方は多いと思います。

家庭向けのOfficeとしては3種類から選ぶことができます。

具体的には下記の通りになっています。

  1. サブスクリプション方式(Office 365 Solo)
  2. 買い切り方式 Powerpointあり(Office Home & Business 2019)
  3. 買い切り方式 Powerpointなし(Office Personal 2019)

上記のうち、私がお勧めするのは1のOffice 365 Soloです。

買い切り方式の方が、後から料金を払わなくていいのだから、一時的に出費が高くてもその方がいいのでは、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜサブスク方式のOffice 365を勧めるのかを、以下に解説していきます。

おしらせ

 

Office 365 Solo をお勧めする理由

私がOffice 365 Soloをお勧めする理由は、次の3つです。

  1. 利用できる台数の違い
  2. 利用できるOSの違い
  3. 利用できる機能の違い

簡単にまとめると次のようになります。

Office 365 Solo Office Home & Business 2019 Office Personal 2019
利用台数 インストールできる台数制限なし

同時サインイン5台まで

Windows 10とMac

合わせて2台まで

Windows 10 2台まで
対応OS Windows 7 SP1 ~ Windows 10

Mac(macOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョン)

Windows 10

Mac(macOS の最新バージョンとその前の 2 つのバージョン)

Windows 10
利用できる機能 Word

Excel

Outlook

Powerpoint

Access(Windowsのみ)

Publisher(Windowsのみ)

OneDrive 1TB

Skype(1 か月あたり 60 分間、携帯電話や固定電話に無料通話)

Word

Excel

Outlook

Powerpoint

Word

Excel

Outlook

今でこそ、家にあるパソコンの台数は2台以上だよ、という方は多いと思いますが、5台も持っているとなると少数派かもしれません。

またMac利用者はだいぶ増えてきたとは言え、Windowsのみという方の方が多いはずです。

「二つで十分ですよ」という方も多いと思いますが、気をつけなければいけないのはOffice 365以外の二つはWindows10にしか対応していないこと。

Office365でのWindows対応は、Windows 7 SP1 ~ Windows 10となっているため、Windows10に移行していない、または移行できない方はOffice365しか選択肢がありません。

買い切り方式のOfficeについては、最新バージョンが 2019 となっていますが、Office 365については2019と同等か、またはそれ以上に機能が追加されています。

具体的には、2020年2月1日にバージョンアップが行われ、例えばExcelではvlookup関数やhlookup関数に加えて、xlookup関数が追加されました。

xlookup関数については検索していただくと、すでに紹介されているページが数多くあるのですが、目立たない機能としては「複数のセル×ひとつのセル」がとても便利になりました。

具体的な利用方法としてわかりやすい例は、消費税計算。

消費税率をひとつのセルにいれておいて、そのセルを絶対参照して計算する、という事例を見たことがあるかもしれません。

下の例では、G2セルに税率が入っているため、C3セルではB3セルの内容にG2セルを絶対参照して計算し、その指揮を下のセルにコピーしています。

新しいExcelでは、C3セルの計算式に、"=B3:B5*G2"と入れています。

もちろん新しい機能が利用できるようになったとしても、介護完成を考えないといけない場面は多いでしょう。

しかし、常に最新のバージョンを利用できるメリットは大きいと言えます。

毎年の利用料金を支払う必要があるとは言え、導入に必要な初期費用が一番安い、利用しなくなたら更新しなくてもOKなど、サブスクならではのメリットもあります。

Office 365ならモバイル対応も

最近ではiOS版やAndroid版のOfficeもリリースされていますが、Office365だけがサポート対象となっています。

さすがにスマホでExcelのデータを編集しようとは思わないかもしれませんが、タブレットならどうでしょうか。

Wordで作成していた文書の一部をすぐに修正したい、Excelのシートを取引先に提示しながら商談したい、簡単なプレゼンを行いたい、という機会は少なからずあると思います。

iPadですとこうしたことが現実的に利用可能となります。

わざわざPCを持ち運ぶのは重いし大変、という場合でもタブレットであれば簡単に持ち運べます。

個人用のタブレットであれば、Kindleでの読書、動画視聴などの個人的利用の他に、このようなビジネスでの応用も効くので、仕事の幅が広がるかもしれません。

余談になりますが、最新のMobile向けOfficeは機能統合が行われました。

何を言っているかというと、WordやExcel、Powerpointと言ったように、機能ごとにアプリが分かれているのではなく、「Office」という単体のアプリでそれぞれのデータ作成、編集を行えるようになっています。

iOS版、Android版共にテスト運用が行われていましたが、両者とも正式にリリースされました。

私自身は、Galaxy Foldで統合型Officeアプリを利用しています。

Galaxy Foldを開いたくらいの大きさであれば、Officeアプリの利用も現実的です。

以上のことから、私が選択するOfficeは「Office 365 Solo]ということになります。

 

 

 

 

Ad by Google

-Apps
-, , , ,

© 2020 退屈な日々

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。