no-image

日立「炊飯器 RZ-HV100K」レビューその1

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト 「 みんぽす」 から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

いわゆる白物家電をレビューするのは今回が初めてです。

ただ、今までレビューしてきたものは、私ひとりの感想でしかなかったのですが、白物家電ともなると家族みんなの意見を聞くことができるので、ちょっと楽しみだったりします。

今回の品は炊飯器。

最近の炊飯器はピンキリで、安いものは1万円前後で買うことができますが、高級なものになると10万円近くしたりします。お釜や炊き方に工夫を凝らしたり、ご飯を炊く以外にいろんな調理ができたり、もはや単に炊飯器とは呼べないのかも知れません。

今回お借りした「RZ-HV100K」はAmazonで見ると5万円前後で売られているようなので、中堅どころの機種だと思います。

外観はこんな感じ。

R0010576.jpg

少し面長です。

正面から見ると、こんな感じ。

R0010577.jpg

今まで使っていた炊飯器が、10年くらい前に1万円くらいで買ったもので、電源コードを挿していないと時計が表示されないので、プラグをつないでいないのに時計が表示されているだけで、おおっとうなってしまったりしています(^^;

この炊飯器の特徴の一つが「打ち込み鉄釜」だそうで、上蓋を開けるとそのお釜が登場します。

R0010578.jpg

公式ページによると、この「打ち込み鉄釜」と「高温沸騰圧力」、「給水レスオートスチーマー」によって、「はやくてうまい極上炊き」を実現しているそうです。

我が家では共働きのため、土曜か日曜日にまとめてご飯を炊いておき、その日に食べる分以外は冷凍しておくのですが、この炊飯器が届いたのが土曜日。で、翌日曜日にさっそくこの炊飯器でご飯を炊いてみました。その結果は、また明日(または明後日)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト 「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー 掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容 につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で 書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無 償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

みんぽす