no-image

私の常用iPhoneケース

今までにもいくつかiPhoneのケースについて書いてきましたが、だんだん使うケースが絞られてきましたので、ちょっとその話題を。

現在常用するケースはこちら。

Griffin Technology Clarifi for iPhone 3G です。

やはりマクロレンズ付きで、写真を撮る際に便利ということと、ItemShelfを使って本屋で見かけた本の評判を気軽にAmazonでのレビューで見られる、ということ、そして何よりもケースの下 1/3 位で取り外せるので、そこを外せば純正のクレードルにそのまま挿せる、ということが大きいです。

結局、私は毎日使うケースはこれ一本に絞っています。

ふだんはリュックのサイドポケットに入れ、リュックを持たないときもズボンのポケットに入れる、という感じで持ち歩いています。

ただし、リュックを持たずに長時間出歩くときには、Vajaのケースを使います。以前にもご紹介したこちらです。

ベルトクリップが付いているので、ベルトに引っかけて出かけます。

両方のケースを使うためには、取り外しやすく、装着しやすくなければ行けません。このケースはどちらともこの条件を満たしているので、まったく不満はありません。

ただし、このVajaのケースを使わなかったとすると、やはりこちらのケースが有力だったでしょう。


“SwitchEasy CapsuleNeo for iPhone 3G/Black – Special Pack (PleiadesDirect限定品)SW-CAP-NEO-B-PD” (SwitchEasy)

デザインが異なるこちらも持っていますが、


“SwitchEasy CapsuleRebel for iPhone 3G/Black – Special Version (PleiadesDirect限定品)” (SwitchEasy)

やはり上の方がスタイルがいいと思います。

ただ、このケースは取り外しが面倒なので、いったん装着したら、別のケースに気軽に変更すると言うわけにはいきません。

液晶画面保護シートは、一時期ミラータイプのものを使っていて、気に入っていたのですが、少し厚めなためGriffin Technology Clarifi for iPhone 3Gを装着すると、ケース上部やサイド部分が少しシートがめくれてしまいます。また、やはりミラータイプの宿命で、晴れた日の昼間に外で使用すると、とても見づらくなります。ある程度画面の明るさを明るめにすると、多少は改善されますが、バッテリの持ち具合にも影響が出てくるでしょう。

結局、今はCapsule Neoについていた保護シートを貼っています。

以上、現在の私のiPhoneのケース利用状況でした。