no-image

Macをできるだけ安く買う

Mac人気は以前よりもずいぶん高くなってきていて、大手家電専門店では売れるPCの4台に1台はMac、などという記事も見かけたりしましたが、Appleの方針ゆえに、あまり安売りされることはありません。

整備品にときどき掘り出し物があったりすることもありますが、それなりの性能の機器は整備品とはいっても、それなりの価格はしてしまいます。

最近、Macbook Airにえらく興味を持ちだした私は、最初この「整備品」というヤツに心惹かれました。

でも元々の価格が高いので、整備品とはいっても手は出ず。しかも整備品はカスタマイズもできません。もっともMacbook Airはカスタマイズできる項目もほとんどないのですが、できれば他の機器とあわせる意味でもUSキーボードが欲しい。

ちょっと前だと、韓国まで飛行機で行って、ホテルから韓国のApple Storeに注文すると、旅費も入れたトータルで安い、という話もありましたが、いかんせん時間もかかるし、第一売ってくれる保証もありません。

そこでいつものeBay。

Macbook Airで検索すると、結構多くの店がヒットします。アメリカでも、いわゆる「Apple価格」があるように思うんですが、Apple Storeで売っている値段よりも結構安かったりします。

しかもアメリカで注文している訳なので、当然USキーボード。

日本よりも安く買えるとはいっても、やはり精密機器なので、配送途中での事故(液晶割れなんかしてたら悲惨)には注意しないといけません。

そこでじっくりとお店選び。

配送をアメリカ国内に限っているところと、World Wideのところがありますが、以前も書いたように「絶対にアメリカ国内にしか売らん!」と宣言しているようなところ以外は、交渉で何とかなります。

まずは総合的に見るために、評価欄をチェックします。評価が多い方がいいのは当然ですが、いくつか具体的に書かれているコメントを読んで、どんな店なのか雰囲気をつかみます。そこである程度店を絞り、あとは Buy It Now! となっているか、 Best Offer となっているかを見ます。前者は文字通り、お店が提示する価格でそのまま買うこと。後者はもうちょっと負けてくれよ、と値段交渉ができます。

当然選ぶのは後者の店。日本までだと送料もかかるから、これくらいにして、というようにお願いまでは書けませんが、自分が買える金額を提示します。ただし、あんまり安い値段を提示しても無視されるのがオチなので、5%引きもしくは10%引き(これは無理かも)で提示します。

すると、こちらが一晩寝ている間に、相手から提示した値段を受け入れるよ、という返事か、それは無理だけどこれくらいならどうだい?と再提示されていると思います。受け入れられたらハッピー程度に考えていた方がいいですが、ここでさらに再オファーすることもできます。でもあんまりしつこいと無視されるので、その辺は相手の提示した値段次第で判断します。

結局私は、Macbook Airを約$2,200(送料込み)で手に入れることができました(ちなみにMacBook Air (Late 2008)/1.86GHzです)。買ったときは今よりも円高だったこともあり、日本の整備品よりも安い!

これくらいの商品になると、配送業者もいいところを使ってくるので、届くまでの期間も早いです。1週間はかかっていません。

Macはもともと多言語設計になっているのでUSで購入したものでも、問題なく日本語環境で使用できます。

配送中の故障というリスクがあるので、万人向きではありませんが、こういう方法で安く買えますよという例でした。