no-image

携帯の機種変更をしました(X01HT → X02HT)

本当は、東芝製のX01Tをずっと待っていたんですが、なかなか発売日が決まらない、意外ともっさり?ということもあり、だんだん興味が薄れていきました。
こうなりゃiPhone待ちだ!とも考えましたが、これもいつになるかわからないし、iPod Touchも買ってしまったので、別に電話と一緒じゃなくてもいいかとも思い始めたちょうどそんなとき、いくつかのブログでX02HTの評判がすこぶる良いのに気づきました。

トップモバイラー(?)の皆さんが、こぞって賞賛している!

9月の連休の時に、ヨドバシカメラに行ったとき、店頭に置いてあったのを見てはいましたが、そのときは特に何も感じず、別の売り場へ直行という感じでした。
それが急に興味が出始め、徐々に欲しいと思う気持ちが強くなり。。。

結局、機種変更しちゃいました。

WindowsMobile機としては、4台目になります。
最初が、初代W-ZERO3、続いてW-ZERO3es、次がX01HT、そして今度がX02HTというわけです。
W-ZERO3はウィルコムですが、これはちょっとした浮気で購入したもので、携帯電話歴としては、長年のSoftbankユーザです。最初に契約した頃は、東京デジタルホンって名前でした。ソフトバンクになるまで、いろいろと名前が変わりました。
思い返せば、1年ごとに機種を変えていたような気もしますが、いちばん長く使ったのが702NK。ノキアの機種です。この機種は使っていて楽しく、いろいろなソフトを入れて、使いやすくカスタマイズしていました。この機種だけは2年半くらい使っていたように記憶しています。

PDA歴も実は長くて、初代WorkPadを皮切りに、ソニーのクリエを3台、クリエ亡き後はPalm Tungsten T3を使ったりしていました。今でもPalmって好きなんですが、今や使っている人も少なくなり、新製品もあまり出ず、よほどコアなファンしか使わない、という状態です。

“Palm
クロニクルなんて本も読んで、昔を懐かしむ今日この頃です。

と、話が脱線してしまいましたが、X02HTは非常に快適でおもしろい機種です。
今まで使っていたX01HTがどちらかといえば、もっさりしていたのに対し、さくさく動きますし、スタイラスを使わない、というのもなんとなく今まで束縛されていたものから解放されたような使用感です。
いちいちスライドしなくても、キーボードが使えるってのもいいですね。洗練された携帯電話ってイメージです。
筐体もスマートで、X01HTのような分厚い機種を使っていたため、余計にその薄さを実感します。

先達の方々がいろいろとカスタマイズされているのをブログにエントリーされているので、週末に時間をかけていろいろといじってみようかと思います。


最強メッセージングケータイ X02HTマスターガイド