no-image

新しいイヤフォン UltimateEars Triple.fi 10VI

engadget日本版のこちらの記事を見て気になっていたイヤフォン「UltimateEars Triple.fi 10VI」をボーナスをもらった勢いで買ってみました。

Amazonや楽天でも売っていますが、正直なところ高いです。なのでこんなときのeBay。

現地価格よりちょっとだけですが割り引いた値段で売っているところがたくさんありました。日本向けの送料で結構な差が出るので、その辺も考慮して、店の評価もしっかり調べた上で注文。

で、本日の朝到着しました。注文から1週間ちょっとかかりましたが、このあたりは国際便を使う以上許容範囲と言えるでしょう。

パッケージはこんな感じ。

R0010266.JPG

このイヤフォンはiPhoneにも対応しており、マイクもついています。

R0010269.JPG

ベースとなったイヤフォンは「Triple.fi 10 PRO」。Amazonでのレビューでは、21人中18人が五つ星。残り3人が四つ星という高い評価の機種です。

私自身はオーディオに明るいわけではないので、詳細なレビューはこちらこちらなどを見ていただくとして、私自身の感想を書いてみたいと思います。

今まで使っていたイヤフォンは、Sonyの「MDR-EX700SL」という機種ですが、こちらも結構な値段がしました。音も値段相応以上のものを感じ、ずっと使い込んできた成果で、いい感じで鳴ってくれました。

iPhoneを使うようになって、BTヘッドセットでこのイヤフォンを使っていたのですが、BT経由だと、何となく音質の低下が感じられて、最近はiPod nanoに直接MDR-EX700SLを挿して音楽を聴くようになってました。

今日この新しい「UltimateEars Triple.fi 10VI」が届いたので、さっそくiPhoneにつないで聴いてみました。

まったくエージングされていないにもかかわらず、音質は今までのMDR-EX700SL以上のものを感じます。元々プロ用なのでエージングは不要、というレビューもAmazonには出ていますが、そのあたりは私にはよくわかりません。

上記Amazonでのレビューでは、低音部よりも高音域での音の良さが高い評価に繋がっていますが、私が聴いた感じでは低音部の迫力も今までにないものを感じます。耳から頭の中にズシンズシン響いてくる感じ。これは今までのイヤフォンでは感じることのなかった感触です。

本家のホームページを見ると、装着方法はごく普通に耳に差し込む方法と、耳の反対側から上を回して装着する方法とが、写真に出ていますが、裏から回して装着した方が収まりがいいようです。

着信テストもしてみましたが、音楽を聴いているときに着信があると、イヤフォンケーブルについている小さなコントローラのボタンを押すだけで通話状態になります。このコントローラは、iPhoneのiPod機能を利用しているときも有効で、一回押すとスタート/ストップ。2回素早く押すと次の曲に飛んでくれます。

なかなか気に入ったので、iPhoneの音楽データを大幅に入れ替えて、明日から使ってみようかと思います。


“UltimateEars Triple.fi 10VI GUNMETALBLUE TRIPLE-FI10VI” (Ultimate Ears)


“Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO” (Ultimate Ears)