退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPhoneで蔵書管理

投稿日:

以前にエントリしたように、私はMac上でDelicious Libraryというシェアウェアを使って蔵書管理を行っています。

バージョンアップしてから最初のうちはちょっと不安定で、すぐに制御が利かなくなってしまうこともありましたが、バグも修正されてずいぶん安定してきました。

でも蔵書数が増えてくると(それに加えて歳をとってくると)、同じ本をうっかり2冊購入してしまうこともあります。Amazonで買った本なら、すぐに返品処理するのですが、本屋で買ってきてしまったときはそれもできません。

Delicious Libraryの蔵書データを持ちだせればいいのですが、それもできないので、何かいい方法はないかと思っていたら、iPhoneのアプリでちょうどいいものが登場しました。

それが、一つ前のエントリの4ページ目に置いてある、ItemShelfです。

このソフトは本の後ろについているバーコードをカメラで読み取って、それを元にAmazonからデータを読み込んでくれる優れものです。

このアプリを起動して左下にあるカメラのアイコンをタップすると、このような画面になります。

IMG_0001.PNG

ここでカメラを選択すると、こんな風になります。

IMG_0003.PNG

この画面で右下のカメラアイコンをタップすると、バーコードを撮影して、解析をします。

うまく読み取れると、このような画面に切り替わります。

IMG_0002.PNG

「Amazonで詳細を見る」をタップすると、内蔵ブラウザが起ち上がり、詳細を見ることができます。

IMG_0005.PNG

本屋で面白そうな本を見つけたとき、これでAmazonにアクセスして、レビューを確認してから買う、ということも可能になるわけです。

もちろんそのまま注文もできます。

データは蓄積されていき、このような感じで見ることができます。

IMG_0009.PNG

なかなか美しいデザインです。左上に「棚一覧」というアイコンがありますが、すでに持っている本や欲しい本などで分類することができるようになっています。

ただし問題もあります。

iPhoneのカメラがマクロ撮影できないことです。つまりバーコードを読み取れるほど近寄って撮影できない、ということになります。

じゃあいったいどうしたらいいの?ということになるんですが、二つ方法があります。

ひとつは本のISBNコードを入力すること。でも桁数も多く、いちいち入力するのは面倒です。

もう一つは、マクロレンズを使うこと。

iPhone用のマクロレンズも商品として存在しているようですが、100円のルーペなどを使う方法もあるようです。

だけどこれはあまりスマートではありません。iPhoneに変な出っ張りが出るのもいただけません。

そこで登場したのが、マクロレンズ付きiPhoneケース。

こちらのページで紹介されているのがそのケースです。

このサイトでは日本からの注文も受け付けており、商品代金も$34.99と、それほど高価ではありません。

このケースのことを知ったとき、私も注文して見ました。ところがワナがありました。

送料がバカ高い!

なんと送料が$70くらいします。あわせると$100超え。これはいくら何でも高すぎる!

店の中の人もそう思っているらしく、注文したあとで「送料が商品の倍くらいするけど、ほんとにいいのか?」とメールを送ってきてくれました。そのメールを見て、「確かにバカらしいなあ」と考え直し、キャンセルしてしまいました。

最近になって、このケースの紹介しているサイトを何カ所かみつけ、やっぱり欲しいなあと思ってeBayを覗いたところ、なんと本家から買うよりも遙かに安く買えることがわかりました。送料とあわせて、日本円で3000円ちょっと。

すぐにポチってしまい、届いたのが今日。

こんな感じでパッケージングされています。

IMG_0001.JPG

ケース以外に、スクリーンプロテクタも同梱されています。

このケースの特徴は、マクロレンズを持っている以外に、ケースの下1/3位のところで分割できること。つまり、ふだんはケースにはめて使っていても、下部分を外すだけでクレードルに挿すことができるってことです。これは便利。

って実際にに下の部分を取ってみようと思ったら、上の方が先に抜けちゃいましたが…。まあ、慣れでしょう。慣れ。

マクロレンズの性能はこのとおり。

まずマクロなし。

IMG_0006.JPG

同じくらいの距離でマクロレンズを使うとこんな感じ。

IMG_0007.JPG

なかなか鮮明になります。

このレンズを使ってバーコードが撮影できるようになったわけで、このケースあってこそのItemShelfという感じです。

ただしこのレンズを使っていてもバーコードを認識させるのには、ちょっと試行錯誤がありました。

本のバーコードって2段になってますが、使うのは上の方。なので上の方だけを撮影しようと近づけると、マクロレンズを持ってしても近づきすぎになって、バーコードをうまく認識してくれません。

いろいろとやってみた結果、うまくいくのは、上下のバーコードがちょうど画面に収まるように撮影すること。撮影したあとで、認識させる前に画像を拡大できるので、上段のバーコード部分を拡大して中央に持ってきます。するとまず間違いなく認識できるようになります。

ということで、蔵書管理の話からケースの話まで盛りだくさんの内容になってしまいましたが、このアプリを使いたい方、このケースを使いたい方、eBayで探してみてください。安く買えますよ。

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-, , ,

執筆者:


  1. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  2. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

  3. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  4. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  5. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  6. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  7. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  8. keng より:

    こんばんは。このアプリ、収集好きにはなかなか楽しそうですね!
    過去読んだ本はそれなりなものの、ペースが遅いので
    コレクション増やしたくてじれったくなりそうですが(笑)
    そしてマクロ切替の出来るケースも便利そうで気になります。
    ところで2段のバーコード撮影、不要な方を指で押さえたらどうでしょう?

  9. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

  10. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

  11. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

  12. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

  13. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

  14. yamachan より:

    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり2段目のバーコードを隠して撮影もしてみたんですが、うまくいきませんでした。この2段目まで入るくらいというのは、撮影距離がこれくらいが最適なような気がする、という意味で実は書いていたりします。いちいち拡大するのも面倒なんですが、撮影後に「拡大」メニューが出るのは、そういうことも想定してアプリが創られているのかなとも思っています。

コメントを残す

関連記事

Apple Pencil を使ってみました

せっかくiPad Pro を使い始めたのに、在庫が非常に少ないApple Pencil。 やっと、今日届きました。 すでにいろいろな方のレビューが出ていると思いますが、一応写真も貼っておきます。 箱を …

no image

iPnone 4Sのその後

ソフトバンクショップの店員さんに、「端末は先にお渡しするので、明日のどこかの時点で旧端末は使えなくなり、新しい端末が使えるようになります」と言われた私のiPnone4Sですが、翌日になってもいっこうに …

no image

HTC Touch Pro 着々と作業が進んでおります

やっとATOKまで入れ終わって、日本語の入出力ができるようになったTouch Proですが、前回はATOKの切り替えがうまくいかないままで終わっていました。 キーボードを出したとき、SYMキーでATO …

no image

iPod Touchの画面をキャプチャする方法

今まで、このブログに掲載していたiPod Touchのスクリーンキャプチャですが、”Erica’s Utilities”というツールを使っていました。iPod TouchとMacとをSSH接続している …

no image

Mac Pro 強化作戦(その2)

HDDの次はメモリです。 Apple StoreにMac Proを注文した際に、すでに12GBのメモリを搭載していたんですが、Safariがどんどんメモリを食っていきます。他のアプリケーションなども起 …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm