no-image

iPod Touchで動画を鑑賞

昨日、出かけたとき買ってきたDVDを、handbrakeで変換してみました。
ちなみに変換したのは、“ディスカバリーチャンネル Extream Machines 超音速戦闘機というものです。
(Amazonでは3570円で売っていますが、なぜかセールで2980円で売っていたので、つい買ってしまいました)

時間は約2時間。
変換は、現行のMacbook黒で、メモリは2GB積んでいます。

Handbrakeでの変換は簡単です。
変換したいDVDを挿入した状態で起動し、まず変換対象のDVDを指定します。
その後、変換したい形式を指定し、Startボタンをクリックするだけ。
変換したい形式というのも、あらかじめいくつかプリセットされているので、その中から選ぶだけです。iPhoneも登録されているので、これを選べばiPod Touchではバッチリです。

変換時間は、約1時間半強。返還後のサイズは、400MB弱。
iTunesに登録して、転送しましたが、現時点では空き容量も十分です。

さっそく再生してみたところ、とても画質は良く、十分な出来です。
英語のドキュメンタリーだったのに、日本語字幕を入れるのを忘れていたので、現在再生成中です。

DVD変換中に、iPod Touchに転送した音楽をずっと聴いていましたが、今までも聞いていた音楽のはずなのに、なんだか画面表示も楽しいため、新鮮な感じで聞くことができます。

ちなみに、前回のエントリーで「音質がちょっと落ちてるかも」と書きましたが、iPod付属のイヤホンは使っていません。これで4台目のiPodですが、付属のイヤホンは封から出したことは一度もありません。付属イヤホンは音質的には最低とも言われており、やはり安い付属品の域を出ていないようです。

当初は、ソニーのイヤホンを利用していましたが、途中からEtymotic Research ER-6iというイヤホンを使うようになりました。こんな形をしています。

耳の奥に差し込む、いわゆるカナル型というヤツなので、音漏れも少なく、値段相応の音がすると思います。
以前のソニー製の安いヤツを使っていたときよりも、明らかに音が良くなりました。

Bose QuietComfort 3も持っていますが、さすがにこれをつけて通勤する気にはなれません。
あくまでも出張・旅行用です。こちらの方がさらに音が良いんですけどね。

話は戻りますが、動画についてiPod Touchには、合格点をあげられます。
サイズが小さい動画なら、いくつか入りますから、何かの時にでも空いた時間に動画を楽しむ、という使い方ができます。

本当にしばらくぶりで買って良かったなあと思えるガジェットです。