no-image

iPhoneの再構築

iPhoneの3ページ目を掲載したその日。実はiPhoneの画面にうっすら変な線が表示されるようになっていました。

縦に一本。画面中央よりす押し右側に青い線。これが前触れだったのかも知れません。

夜に記事をエントリしてから、またいつものようにアプリのアップデートを使用としたところ、iTunesが「認識できません」などと言います。

「復元が必要です」なんて今ごろ言われてもなあ、と思い、その日はそのまま就寝。

翌日、仕事から早く帰宅できたので、またiTunesにつないでみると、相変わらず同じ表示。

やむなく復元しました。ところが……。

復元が一切できません。

「不明なエラーが発生しました(14)」といってぜんぜん先に進みません。リカバリの要領でやってみても同じ。

iPhoneの画面には、Macと接続しろ、という画面が出たまんま。

これは途方に暮れました。

ググっても同じような症例は見つかりません。apple本家のディスカッションボードを見れば何か出ていたのかも知れませんが、その気力も湧かず。

で、結局どうしたかというと、Windowsで復旧しました。

WindowsPC上でiTunesを起動したところ、iTunesがバージョンアップしているがどうする?と聞いてきたのですが、とりあえずiPhoneの救出が先、と復旧を試みたところ、エラー番号までは覚えていないのですが、「不明なエラーが発生しました」とでて、おしまい。

これでダメなら修理しかあるまい、と考え、iTunesをバージョンアップして、再度試したところ、なんと今度は復旧に成功しました!

いやはや、時間がかかりました。

転んでもただでは起きない私としては、せっかくクリーンな環境になったのだから、と脱獄。

久しぶりにIntelliScreenが使えるようになりました。

そのあとで、iPhoneをMacにつなぎ直し、環境の再構築。全ページのキャプチャが取ってあったので、それを手がかりにアプリを順番にインストールしていきましたが、いくつか入れ替えも行ったため、作業が終わったのが午前1時。

以前よりアプリのインストールが早くはなったとはいえ、9ページ分をインストールし直し、アイコンの配置を元に戻すのは、ホントに骨の折れる作業です。

というわけで、今まで載せてきた1ページ目と2ページ目は、少し内容が変わりました。3ページ目は辞書のページなのでまったく同じです。

また最初から掲載し直すのも面倒なので、それは後日と言うことにして、次回は4ページ目から紹介してみようと思います。