no-image

iPhone 用 Mirror Screen Protector(その2)

昨日(もう一昨日)にエントリした「iPhone 用 Mirror Screen Protector」ですが、本格運用すると、いろいろと欠点が目立ってきました。

自宅の部屋で試したときは、ミラーなのにスイッチを入れると、ミラー越しにアイコンが浮かんでくる感じで非常に好印象だったのですが、今日の昼間外で使ってみたら、「ダメじゃん、これ」ってな感じでした。

当然と言えば当然なんですが、ミラータイプなので、太陽光をもろに反射してくれちゃいます。

なので太陽光の元で使用すると、ほとんど画面が見られません。

夜の自宅の部屋ではいい感じですが、ちょっと明るいところ(たとえば電車内とか)で使っても、ビミョーに見にくいです。

ちょっと他の人にはお勧めしかねる製品です。

一点このミラータイプスクリーンプロテクタの長所を挙げておくと、貼りやすいこと。少し堅めのプロテクタなので、貼るとき不器用な私でも一発気泡なし、てな感じで簡単に貼ることができました。

まあ長所はこれくらいかなあ。

見た目はかっこいい(と自分では思ってる)ので、もうしばらく運用してみようと思いますが、普通のスクリーンプロテクタに変えてしまう可能性大です。