no-image

パイレーツオブカリビアン ワールドエンドを観てきました

今までのシリーズを両方とも見ているのと、前作の終わり方が、いかにも「続きをお楽しみに」みたいになっていたので、策略に載せられて、今回も観に行きました。

事前に、あるラジオでの映画評を聞いていたら、「とにかく長くて、退屈」として、5点満点で1点という厳しい評価。しかも「0点というのはないので、仕方なく1点」とのことだったので、あんまり期待はしていませんでした。

先に観に行った友人も「長い」と言っていましたが、確かに長かった。

ジャック船長が登場するまで1時間くらい、と聞いていたのですが、私は途中でウトウトとしてしまい、気づいたらもう登場していました。

最後の方の、戦いのシーンは迫力があり、楽しめましたが、なんであんな大艦隊が来ているのに、1対1の勝負なの?という疑問は残ります。まあ、あんまり深く考えちゃいけないのでしょう。

これから観に行く人のために、一言。

エンドロールが始まっても、帰ったらダメです。
そのあとも、ちょっと続きがあります。
コマーシャルでもいっていたけど。