no-image

バイヨン

アンコールトム遺跡の中央にあるのが「バイヨン寺院」です。
ここは、50面を超える仏像の顔の彫刻が有名です。

R0010048.JPG
バイヨンに向かう途中です。

R0010047.JPG
途中に日本の援助で修復されていることを示す看板が立っています。

R0010051.JPG
ここのレリーフも美しいので必見です。

R0010053.JPG
いよいよバイヨン寺院に入っていきます。

R0010058.JPG

R0010061.JPG

R0010063.JPG

R0010072.JPG

R0010073.JPG

バイヨン寺院を出て、すぐ近くの王宮に向かいます。
王宮入り口にあるのが象のテラスです。
R0010079.JPG

ガルーダの彫刻も掘られています。
R0010080.JPG

近くの遺跡です(名前を失念)
R0010084.JPG
遺跡は大木によって破壊されています。
この木は、ちょっとした石の隙間にも根を張り、どんどん成長するので、徐々に遺跡が破壊されてしまうのです。
木の内部は空洞だそうで、薪にもならず、役に立たないことから、ガイドが「独活(ウド)の大木」と言っていました。