no-image

アンコールワット

やっと少しずつ写真の整理ができてきました。
とは言っても100枚くらいなんですけどね。

R0010010.JPG
有名な「池に映るアンコールワット」ですが、雨期の割りには水量が少なくて、水も汚く、あんまり良い写真にはなりませんでした。

R0010015.JPG
でも、この日は天気もよく、雨期なのにもかかわらず、雨が降りませんでした。
時にとても強い日差しが照りつけるので、帽子は必須です。

アンコールワット005
アンコールワットは、遺跡そのものに迫力がありますが、こうしたレリーフもとても美しいので、必見です。

R0010019.JPG
この階段を登って、遺跡の中に入っていきます。

R0010020.JPG
このような急な階段を登れるようになっているところが何カ所かあります。
本当に急で、普通の階段のように足だけで登ると言うよりも、手足を使ってよじ登る、という感じです。
一緒に行った友人は高所恐怖症なので、ふうふう言いながら登っていました。登る前はそんなに汗をかいていなかったのに、途中で見上げてみると、ものすごい汗。「ああ人間って、こんな短時間に大量の汗がかけるものだ」と、妙なところで感心してしまいました。

R0010021.JPG
上から見ると、こんな感じです。
ちなみに登るところは手すりがありませんが、おりる階段には手すりがあります。
時々、下り専用の階段の手すりを使って登ってきてしまう輩もいるとのこと。

R0010027.JPG
登ったところには、このような見事な建築物があります。

R0010026.JPG
ここのレリーフもすばらしいです。

R0010032.JPG
ということで、この日の遺跡巡りは終了。
午前中だけのツアーなので、けっこう見る場所は少ないです。
たくさん観たい方は、午前・午後まわるツアーに参加した方がいいでしょう。
ただし、暑い場所なので、けっこうハードみたいですよ。