退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

投稿日:2007年9月14日 更新日:

この本が出たことを新聞の広告で知り、すぐに注文したものの、続編が出る頃になってやっと読み終わりました。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
武田 邦彦
洋泉社
2007-02
定価 ¥ 1,000
おすすめ平均:

powerd by Amazon360

内容的には、Amazonのレビューにもあるように、ホントかな?と疑問符が付くところもありますが、おおむね著者の主張には納得がいきます。

とかく「環境」というと、「こうすることは環境にいいんです」という主張ばかり目に付き、それが絶対善であることから、あまり反論もできず、ズルズルと税金を投入する、という流れになっていると、常日頃から感じていました。

たとえば今「ペットボトルのリサイクルは環境保護に役立たない」と主張しようものなら、おそらく「環境に優しくない人」というレッテルを貼られ、無視されるのがオチでしょう。

でも細々と「ペットボトルなんて分別せずに、ほかのゴミと一緒に焼却した方がいい」という意見もあったことも事実です。公務員の知人の話では、「そんなことを役所内部で話せる雰囲気ではない」と聞いています。「環境保護」自体は、絶対善なので否定するものではありませんが、年々お役所の方針でゴミの分別が細かくなっていき、面倒になっていくに従い、なんとなく「ホントにこれが環境保護なの?」という疑問を感じることは多いです。

国も地方自治体も、環境保護についてはいろいろな意見に耳を傾け、議論をしてほしいと思います。
この本の続編も出ました。
この著者の行っていることがすべて正しいと考えているわけではありませんが、環境問題を考え直すいいきっかけとなる本だと思います。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
武田邦彦
洋泉社
2007-09-12
定価 ¥ 1,000

powerd by Amazon360

ad by Google

ad by Google

-
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

今日、アマゾンから届いた本

今日は、たくさん届きました。 まず、“レバレッジ勉強法” (本田直之)。 私が、強くお薦めしている“レバレッジ・リーディング“の著者が新しく書き下ろした …

no image

今更ながら「ミレニアム」

時間があるので、買ったまま放置していた「ミレニアム」を読んでみた。 本についてはベストセラーなので知っている方も多いと思う。 簡単なあらすじをいうと、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルが大物実業 …

no image

今更ながら、「悪の教典」

「悪の教典」を読み終わった。 小説が売れて、映画化されたのはずいぶん前なので、今更感が漂ってはいるが、久しぶりに東野圭吾氏以外の作家の小説だった。 実はiTunes Storeで映画をレンタルで見てい …

no image

2008年本屋大賞

2008年の本屋大賞が発表されたとのこと。 さっそくベスト10を見てみました。といっても、ちょうど10位の小説が上巻なので、11位にその下巻が入り、全部で11冊。 1位は、今度のの直木賞(?)有力候補 …

no image

昨日、アマゾンから届いた本(追加)

昨日、届いた本の紹介をしましたが、1冊忘れていました。 “2日で人生が変わる「箱」の法則” という本です。 以前、同じ著者の“自分の小さな「箱」から脱出する方法&# …

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

Last.fm