退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

投稿日:2007年9月14日 更新日:

この本が出たことを新聞の広告で知り、すぐに注文したものの、続編が出る頃になってやっと読み終わりました。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
武田 邦彦
洋泉社
2007-02
定価 ¥ 1,000
おすすめ平均:

powerd by Amazon360

内容的には、Amazonのレビューにもあるように、ホントかな?と疑問符が付くところもありますが、おおむね著者の主張には納得がいきます。

とかく「環境」というと、「こうすることは環境にいいんです」という主張ばかり目に付き、それが絶対善であることから、あまり反論もできず、ズルズルと税金を投入する、という流れになっていると、常日頃から感じていました。

たとえば今「ペットボトルのリサイクルは環境保護に役立たない」と主張しようものなら、おそらく「環境に優しくない人」というレッテルを貼られ、無視されるのがオチでしょう。

でも細々と「ペットボトルなんて分別せずに、ほかのゴミと一緒に焼却した方がいい」という意見もあったことも事実です。公務員の知人の話では、「そんなことを役所内部で話せる雰囲気ではない」と聞いています。「環境保護」自体は、絶対善なので否定するものではありませんが、年々お役所の方針でゴミの分別が細かくなっていき、面倒になっていくに従い、なんとなく「ホントにこれが環境保護なの?」という疑問を感じることは多いです。

国も地方自治体も、環境保護についてはいろいろな意見に耳を傾け、議論をしてほしいと思います。
この本の続編も出ました。
この著者の行っていることがすべて正しいと考えているわけではありませんが、環境問題を考え直すいいきっかけとなる本だと思います。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
武田邦彦
洋泉社
2007-09-12
定価 ¥ 1,000

powerd by Amazon360

ad by Google

ad by Google

-
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ドラマ「新参者」を見てみたら、なかなかよかった件

ちょっとした事故に遭い、怪我をしてしまったため、入院まではしていないものの、自宅療養中という事態になってしまいました。 体自体は元気なのですが、動けないので、録りためていたドラマ「新参者」を一気見して …

no image

お薦め本:白夜行

小説といえば、東野圭吾氏の本をよく読みます。 もしかしたら最近の本は、だいたい買っているかも知れません。 最初に読んだのが、“秘密” (東野 圭吾)。広末涼子が主演で映画にもな …

no image

今日、買った本

昨日、Amazonで注文はしていたんですが、今日リアル書店で見かけて、あまりのすばらしさに購入したのが、これ。 錯視完全図解—脳はなぜだまされるのか? (Newton別冊)北岡 明佳ニュートンプレス2 …

映画「64」を見ました。ネタバレあり

映画「64」を観ました。 前編も公開初日に観に行き、非常に素晴らしい作品だったので、その後、やはり評価の高かったNHKドラマを「オンデマンド」で見て、さらに原作も買ったきりずっと読んでいなかったものを …

no image

今日、Amazonから届いた本

今日、帰宅するとAmazonから本が届いていました。 届いたのは、次の本です。 “水噴射ロケット (科学のタマゴサイエンス・トイ・バージョン)” (学習研究社) いわゆる、ペッ …

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Last.fm