退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

この国が忘れていた正義

投稿日:2007年9月13日 更新日:

文春新書から出ている「この国が忘れていた正義」を読み終わりました。

この国が忘れていた正義 (文春新書 (582))
中嶋 博行
文芸春秋
2007-07
定価 ¥ 746
おすすめ平均:

powerd by Amazon360

同じ著者による「罪と罰、だが償いはどこに?」も買ってはいましたが、未読のまま本棚にしまってありました(^_^;)

この本の主旨は、「現在の日本の刑事制度は、加害者側の更正にばかり力点が置かれ、被害者救済の視点が欠けている」というものです。たとえば性犯罪や殺人そのものを快楽とするような犯罪者については、「更正」はほとんど役に立たず、現在の制度は破綻しているとみています。

たしかに著者の言うとおり、性犯罪は犯罪行為そのものに快楽を感じていることがほとんどなので、その性癖を直すことはほとんど不可能でしょう。神戸の少年Aによる快楽殺人なども同じです。本当に「更正」したのかどうかなんて、誰にもわかりません。

また、被害者への賠償というものにあまり注目されてこなかったのも事実でしょう。

著者の言うとおり、加害者の強制労働により被害者への賠償を行う、ということはもっともよい選択肢のように思えます。

ずいぶん前になりますが、日本でも民営刑務所が開設されたというニュースを見ましたが、あまりの設備のよさにあきれ果てました。あれでは、刑務所に入りたいがための犯罪が起きても不思議ではないなあ、と思わせるものでした。

加害者の更正などに期待せず、被害者救済を第一に考える。そのような制度になることを痛切に願います。

ad by Google

ad by Google

-
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

今日、Amazonから届いた本

今日、帰宅するとAmazonから本が届いていました。 届いたのは、次の本です。 “水噴射ロケット (科学のタマゴサイエンス・トイ・バージョン)” (学習研究社) いわゆる、ペッ …

「マカロニほうれん荘」がなつかしい~

Webを見ていたら、たまたま「マカロニほうれん荘」の話題を見つけました。 なつかしい~、って思って調べてみると、まだ新刊で買えるんですね。知りませんでした。 少年チャンピオンに連載されていた時、読んで …

no image

ドラマ「新参者」を見てみたら、なかなかよかった件

ちょっとした事故に遭い、怪我をしてしまったため、入院まではしていないものの、自宅療養中という事態になってしまいました。 体自体は元気なのですが、動けないので、録りためていたドラマ「新参者」を一気見して …

no image

「ジャンパー」と「バンテージ・ポイント」を観に行きました

代休で平日に休みが取れたので、標題の本の映画を観に行きました。 「ジャンパー」の方は、7〜8年前くらいに早川文庫から出ている同名の小説を読んでいたのですが、それがとても面白く、何度かの大量本整理にもか …

no image

今日、買ってきた本

吉祥寺に行ったついでに、ユザワヤ地下の本屋に行ってきました。 買ってきた本は、次のとおり。 10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て高濱 正伸SSコミュニケーションズ2007-10-25定価 ¥ …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm