退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

旅行

アンコールワット観光について(その2)

投稿日:2007年9月7日 更新日:

アンコールワット観光では、ひたすら歩いて遺跡を見て回ります。ですので、歩きやすい履き慣れた靴を履いていくことをお薦めします。ただし、雨期に観光に行く場合は、雨で地面がぐちゃぐちゃになっている可能性もあるので、もう買い換え寸前の靴を履いていって、現地で捨てていってしまう、というのも手でしょう。

私は今回、履きつぶしたPedalaというウォーキングシューズを履いていきました。
そんなに雨には降られませんでしたが、バンコクのホテルで捨ててきてしまいました。

服装は、上はTシャツ、下はL.L.BeanのRipstop Trail Zip-Off Pantsというのをはいていました。
このページで紹介されているパンツです。

アンコールワットでは、時にものすごく急な石段を登ったり、ツアーによっては「プノン・バケン」という丘に登って夕日を見ることもあるので、動きやすい服装が第一です。ジーンズはお薦めしません。

上記のパンツは、軽くて動きやすく非常にお薦めです。ジッパーで半ズボンにもなりますが、アンコールワット観光では半ズボンにしない方がいいでしょう。

汗はたくさんかくことになるので、Tシャツもたくさんあったほうがいいです。今回の観光では、午前中しか遺跡を見に行きませんでしたが、午後も見学するツアーでも、いったん昼に2時間くらいホテルで休憩することもあるそうなので、着替えた方が快適です。

私は、汗っかきなのにあんまり枚数を持って行かず、結局オールドマーケットで何枚か購入しました。
安いので、最初から現地調達するつもりで行ってもいいかも知れません。
ただし、オールドマーケットで売っているTシャツは、サイズにご用心。
材質的には、そんなに悪くはないと思うのですが、同じデザインで、同じくLのタグが付いていても、まったく違うサイズのことがあります。必ず広げてみて、自分に合うサイズかどうか確かめた方がいいです。

それから、カンボジアやタイでは、蚊を媒介に伝染する「デング熱」が流行しています。
蚊に刺されないよう、虫除けスプレーなどを持って行った方がいいでしょう。
人によっては、日焼け止めも忘れずに。

ad by Google

ad by Google

-旅行
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

シンガポール旅行で気付いたこと

東南アジアはあちこち行っていますが、シンガポールは今回が初めてでした。 いろいろと規制が厳しいとかすぐに罰金が科されるという話もありますが、実際に行ってみて気付いたことをつらつらと書いていきます。 ○ …

正月に角島に行ってきた

私が一年でもっとも嫌いな年末年始であるが、今年は田舎でひとり暮らししている親と私の家族で、年末年始を「角島」というところで過ごすことになった。 「角島」と言われてもピンと来ない方が多いと思うが、日本の …

no image

雨の京都

今日起きて外を見てみたら、なんと雨。 昨日までのピーカンとは打って変わったような天気。 でも朝食を食べている間に少し止みそうになってきて、ラッキーと思っていたのですが、京都駅に着いたときにまた降り出し …

no image

アンコールワット

やっと少しずつ写真の整理ができてきました。 とは言っても100枚くらいなんですけどね。 有名な「池に映るアンコールワット」ですが、雨期の割りには水量が少なくて、水も汚く、あんまり良い写真にはなりません …

そんなにガッカリしなかったマーライオン。別のところでガッカリ(シンガポール2日目)

シンガポール到着の翌日、今までの経験上あまり無理をしない予定を組んでいました。 この日は、ベイフロントあたりの散策とラッフルズホテルがメインです。 朝7時半くらいに起きて、この日はホテルの朝食。 ブッ …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm