no-image

いよいよバンコク最終日です

明日は、8時15分発の全日空で帰国するだけなので、事実上バンコクでの自由時間は、今日で最後です。

今日は土曜日ということもあり、ウィークエンドマーケットに行く予定でしたが、一緒に来ている仲間が昨晩飲み過ぎてダウンしていたので、急遽またマーブンクロンに行くことになりました。

今日は、昨日買えなかった(買い忘れた)、おみやげ用のマンゴスチン石けんを購入。これって、香りもよく、実際に使ってみて評判がいいんですよね。値段もひとつ50バーツと手頃なので、特に女性へのおみやげとしては最適かと思っています。

このあと、またまたおもしろデザインのTシャツを見つけ、友人が購入。なかなか国内では着れないデザインも多いんですけどね。

ちょうど小腹が空いたので、MBK1階にあるタイフードレストランへ。ちょっと辛くて酸っぱいスープのセンレックと、豚肉をインゲンとにんじんに巻いて蒸した料理を注文。非常においしかったです。ただし、友人が頼んだ謎のジュースはまずかった。甘いんだけれど、何ともいえない後味が、とてもまずい。たまにはこういうこともあります。

その後、ラチャダムリのマッサージ屋へ。長年通っていたマッサージ屋が閉店してしまったため、新規開拓です。

新しいお店は、久しぶりの「痛い系」の古式マッサージでした。思い返せば、タイに着始めた頃、古式マッサージで時には痛さでうめく場面もありましたが、同じ店に通っていると、そこのマッサージになれてしまい、昔のことを忘れていました。

友人の話では、途中で私はぐうぐう寝ていたらしいのですが、私自身はあまりよく覚えていません。しかし、ところどころ痛さでうめいていたことは覚えています。終わると、体全体が軽くなる感じで、とってもいいんですけどね。

東京にも、安くて本格的なタイ古式マッサージがないものかと、いつも思います。

本当に疲れが取れますし、フットマッサージなど受けた後で靴を履くと、靴がちょっとぶかぶかになっているのもよくわかります(むくみが取れるので足が小さくなる)。

タイに行かれる方は、ぜひ古式マッサージをオススメします。ホテル併設のところはとっても高いですが、ふつうは2時間で300〜400バーツくらいです。

いったんホテルに戻り休憩。

その後、夕食は毎度おなじみのイサーン(東北地方)料理のお店へ。トンローの東北料理店というと、ビエンチャンキッチンという店が有名ですが、そのさらに奥のお店がなじみの店。

ソムタム、ガイヤーン、ラーブ、カオパットなど、定番メニューを注文し、おいしくいただけました。

食べ終わったあとは、またいつもの飲み屋へ。

今日は、明日の朝が早いので、早めにホテルに戻ってきました。

ああ、タイ最後の夜が来てしまって、つくづく残念です。