退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPod Touch 2.0で脱獄

投稿日:

すでにあちこちのブログで扱われているとおり、iPhone、iPhone 3G、iPod touchの最新ファームを脱獄するためのツール、「PwnageTool」が公開されています。

私自身は、iPhoneについては安定運用をするつもりなので、よほどメリットがない限りiPhoneでの脱獄はしないつもりなのですが、iPhoneの登場で出番の少なくなったiPod Touchで試してみることにしました。

参考にした記事は、こちら

この記事の手順に従って、必要なツールと最新ファームを用意します。この記事では、ファームの名前が「iPhone1,2_2.0_5A347_Restore.ipsw」となっていますが、iPod Touchで必要なのは「iPod1,1_2.0_5A347_Restore.ipsw」ですのでご注意を。

「iPhone1,2_2.0_5A347_Restore.ipsw」をすでに持っていても、iPod Touchを対象に指定した場合、「ファームがない」という状態になります。

手順は簡単。

「PwnageTool」の指示に従っていけば、あっさり脱獄できてしまいます。

つっかえやすいところとしては、DFU(Device Firmware Upgrade)モードに移行するところでしょうか。私がiPhoneで何回も行っている「リカバリ」と同じ手順です。

それと、単に「復元」ボタンをクリックするのではなく、オプションキーを押しながらクリックするところも要注意です。

touch2.PNG

成功すると、Cydiaのアイコンが現れます。これをタッチすると、標準でインストールされるアプリの中でいくつかアップデートされたものがあるよ、と教えてくれます。そのままアップデートすると、圧縮ファイルの展開のところで「ディスクスペースが足りない」というメッセージが出ましたが、無事に終了しました。

以前のバージョンでは、OS領域は300Mbyteでしたが、2.0では500Mbyteが標準となっているようです。

この標準容量は「PwnageTool」をエキスパートモードで使うと変更できます。

Cydiaは、以前のInstallerほど登録アプリはないようです。前のファーム上で使っていたアプリが動くかどうかは、まだ試していません。

touch1.PNG

最後にバージョン表示画面を載せておきます。

touch3.PNG

ちなみに曲数が777なのは狙ったわけではなく、このキャプチャを取って初めて気付きました。なんか良いことあるかな?

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

iPhone 6 Plus 用に戻るボタン機能付きのガラスフィルムを貼ってみた

最近よく目にするようになったのが、iPhone用の液晶画面保護用のガラスフィルムで、ホームボタンの左右の何もないところに「戻る」などの機能を付けたというもの。 どんなものか興味があったので、さっそく買 …

no image

iPhone脱獄のメリット

前回のエントリで、iPhoneも脱獄してしまった顛末を書きましたが、その時に書かなかったもう一つのメリットがこれです。 iPhoneのメールで、ソフトバンクの絵文字が読めるようになりました。 自分から …

no image

Palm Centroに入れたアプリ達

さっそく日本語化が終了したので、使い勝手をよくするためのアプリをいくつか導入しました。 入れたものは次のものです。 1.Resco Suite 有名なResco Explorerを含む、アプリ群です。 …

no image

iPhoneとリンクするスマートウォッチ Pebble が届いた!

Kickstarter で資金調達をしていた、iPhoneとリンクするスマートウォッチ Pebble が今日届きました。 出荷が始まったよ、というメールはもらっていたのですが、自分の分がいつ出荷される …

no image

現在のiPhone状況(4ページ目)

引き続きiPhoneの4ページ目をご紹介します。 現在の4ページはこんな感じになっています。 ここは主に「ネットを使って楽しむ」ためのページになっています。 標準アプリのYouTubeのほか、ネットラ …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm