no-image

iPhone用の外付け充電バッテリ

iPhoneの電池の持ちは良くない、と言われています。

実際、私の使い方は、メールを何時間かおきにチェックし、休み時間にWebを見て回り、時にはゲームを楽しみ、帰宅時間はiPodとして音楽を聴く、という感じですが、帰宅する頃には、朝フル充電だったものが残り1/3程度になっています。

以前使っていたケータイでは、2〜3日おきに充電すれば良かったものの、iPhoneでは毎日充電しています。

でも、こちらのページを見るとiPhone 3Gの電池は、他のスマートフォンと比べても、それほど遜色はないようです。

どうやらiPhoneの電池の持ちの悪さは、その使い方に原因があるようです。

今までのケータイでは、それほどゲームをやったり、音楽を聴いたりと言う使い方はしませんでした。インターネットにもたまにつなぐ程度で、それほど頻繁に見ていたわけではありませんでした。

いろいろな使い方をしていれば、バッテリの減りが早いのも当然といえるのかも知れません。

幸いなことに、iPhoneの充電は音楽やPodcastを同期させるために必然的に毎日USBケーブルで接続した際に、同時に行われるので、それほど面倒ではありません。

でもうっかり充電し忘れて、外出先でバッテリがないことに気付いたら?

ゲームに夢中になっていたら、予想以上にバッテリが減ってしまい、そのあとかかってくるはずの電話に出られるか不安になったとしたら?

そんなときのために、外付けのバッテリがあると安心です。

iPhone 3G対応として正式に販売されているものは、調べてみると次の二つがあるようです。

MyBattery i Dockは、永らくAmazonでも「在庫なし」になっていましたが、先ほど見てみたら「通常4~5日以内に発送します。」になっていました。ただし販売元はAmazonではないようです。

400-BT001は「WEB限定販売」ということで、サンワダイレクトでしか買えないようです。7/23、つまり今日が発売日だったのですが、すでに売り切れ状態。次の入荷は8月中旬のようです。

実は私は、後者の400-BT001を注文していました。当初は「サンワダイレクト」から出る製品のことを知らなかったので、MyBattery i Dockを注文する気でいたのですが、品切れだったので諦めていたのですが、上記の記事を見て、注文してみたと言うわけです。

注文後、「お届けは8/19以降になります。ご了承ください」とのメールが届き、がっかりしていたところ、突然昨日になって「発送しました」メールが届きました。

さっき箱を開けてみたのですが、サンワダイレクトの製品というわけではなく、deximという会社のBluePack for iPhoneという製品のようです。

コンパクトで軽いので、持ち歩きも苦にならないでしょう。

これでバッテリ切れの不安が解消するのであれば、じゅうぶん「買い」の商品だと思います。

明日からカバンの隅に忍ばせておこうと思います。使用レポートは追々書いていこうと思います。

iPhone 3G サプライ製品 【サンワダイレクト】