Netflix これはハマる! オススメの3作品

Netflixの勢いが止まらない

最近のAppleの発表会で、新たな動画配信サービスを開始することがアナウンスされた。

著名な監督や俳優陣を取り込み、相当な経費をかけてオリジナル作品を作成すると言われているが、やはりこの分野で一歩抜きん出ているのはNetflixだろう。

配信だけでなく映画館で期日を決めて公開するなど、アカデミー賞対象作品の条件をクリアしただけでなく、ついに「ローマ」で本当に賞を獲得してしまった。

Appleも当然この路線でくると考えているが、そうそう簡単に勝てるものではない。

そのサービスには十分期待しているが、最近のNetflix作品で特に面白い!と感じた3本を紹介する。

チャンネルはそのまま

この作品は『Netflixオリジナル作品」ではない。

北海道テレビ放送(HTB)開局50周年という節目で製作された地方ローカル局のオリジナルドラマである。

北海道だけでなく、全国の放送局でもこれから放送、というところもあるが、残念ながら東京のキー局で放送される予定は今の所ないようだ。

日本のドラマは基本的に安っぽい作りで、あまり魅力を感じて来なかったのだが、この作品は脚本が素晴らしいのか、原作が素晴らしいのか、とにかく製作陣のドラマにかける熱意のようなものを感じることができる作品だと思う。

全くテイストは違うのだが、ドラマのエンディング曲の部分まで含めて、「カメラを止めるな」と同じような、出演者、製作者の両者の熱い想い、というか誠実さが伝わってくるのである。

この感覚はうまく文字で伝えることができないが、「とにかく見て」というしかない。

あらすじとしては、札幌にあるローカルテレビ局に入社した1年生社員、特に「バカ枠」で採用されたと言われる「雪丸花子」が巻き起こす騒動と、それに周りがいつの間にか巻き込まれつつも、思わぬ展開を見せる、というもの。

北海道といえば「大泉洋」も登場するが、ちょっとしたセリフに笑いがあり、毎回にやにやしながら見てしまった。

全部で5話。

5話しかないの?となるのだが、続編を期待する声も大きいと聞く。

とにかく見て損はないと自信を持って言えるドラマである。

公式ホームページはこちら

日本各地の放送局でのスケジュールはこちら

スター・トレック ディスカバリー

スタートレックといえば、ずいぶん昔から続いているシリーズなので、名前を知らないという人はほとんどいないだろう。

カーク船長やスポックなど、個性的な登場人物も多い。

Xmenシリーズで「プロフェッサー」役のパトリック・スチュワート氏は、私の中では「ピカード艦長」のイメージの方が強い。「ロキュータス」とかも。

今放映中のシリーズは、カーク艦長がエンタープライズ号で活躍する前の設定になっていて、スポックの家族に育てられた女性「マイケル・バーナム」が主人公となる。

カーク艦長に変わる前のエンタープライズ号のパイク艦長がシーズン2から登場する。

全ての作品を見ているわけではないが、結構多くのシリーズを見てきたと思う。

しっかりとこの作品にも共通のテーマが引き継がれていて、新作ながら安心してみていられる作品になっている。

若き日のスポックやクリンゴンとの戦争など、スタートレック好きならみておいた方がいい作品である。

公式ページはこちら

ULTRAMAN

先に言っておくと、これはオリジナルアニメである。

実はこの作品は、昨日初めて見た。

ウルトラマンを今更リメーク?と感じていたのだが、時間が各話約25分と短いこともあり、初回を見たところ見事にハマった。

これはリメークではなく、初代ウルトラマンの血を継ぐ、新たな始まりである。

初代ウルトラマンは「ハヤタ隊員」が返信するのだが、主人公はその「ハヤタ隊員」の息子。

懐かしの「イデ隊員」も登場する。

ちゃんと「ハヤタ隊員」がウルトラマンと同化していた時の話とつじつまを合わせており、連続性を保った作りになっている。

まだ最初のシーズンを全部見終えていないのだが、「モロボシダン」も登場するし、あの「ゼットン」も登場する。それも意外な役割で。

遥か遠くからやってきた「ウルトラマン」というよりも、キャプテンアメリカとアイアンマンやスパイダーマンのいいとこ取り、という雰囲気もするが、これはこれでありかなとも思う。

公式ページはこちら

雑記netflix

Posted by admin