Perfume ライブが楽しみになるニューアルバム”Future Pop”

前作を超えた?

前作「COSMIC EXPLORER」から約2年ぶりとなるNEW ALBUM「Future Pop」がついに発売された。

当然予約開始時にすぐにAmazonで予約し、8月14日に無事に到着。

さっそく夕食前で腹が減っているにも関わらず、2度続けて聴いて見た。

第一印象としては「前作ほどの派手さはないものの、堅実な出来だなあ」。

レビューを見てみると、やはり「目新しさを感じない」というものもあり、確かにその意見にもうなづけるものがある。

ライブをイメージしてみると

前作のアルバム発表時に行われたライブには、仙台に2日、静岡に1日、幕張に2日行く機会があり、初日の仙台では全体的にグダグダ感があったものの、さっそく翌日には修正され、さらにドームを除く事実上の最終日である幕張では、見事なまでの完成度に達していた。

今回のアルバムについても、いろいろなタイアップでのシングル曲が多く含まれていることもあり、「新作」というイメージがしづらいかもしれない。

しかしそのシングルも含め、今年のライブでの様子をいろいろと想像しながら聴いていると、「非常に盛り上がりそうだ」との期待も高まる。

セトリの予想をするわけではないが、前作のアルバムに収録されていた”Miracle Worker”が非常に盛り上がったのと同じように、”Future Pop”や”天空”、”Let Me Know”などアルバムのみに収録されている曲でも大きく盛り上がりそうな気がする。

今年のライブは

今年のライブは前回のツアーの時よりも抽選が厳しく、長野に1日、横浜に1日鹿行くことができないが、やむを得ないだろう。

彼女たちのライブに行った人ならわかると思うが、一度行くと「また行きたくなる」のが彼女たちのライブなのだ。

セトリは同じであっても、毎日MCが変わる。

前回の仙台初日はそのMCで彼女たち自らが盛り上がり過ぎてしまった感があるくらいだが、そのMCが楽しいのだ。

ライブに来ているお客さんいじりもあるので、台本はあるのだろうが、当然アドリブ部分が大きく変わることになる。

アルバムのチャートだけではわからないライブの楽しさを知ってしまうと、次のライブにまた行きたくなるのは当然の心理。抽選倍率が高くなるのは当たり前、というところだろう。

CDで聴くか、配信で聴くか

昔からのファンだと新作が発表されるとCDを予約、という流れになるのだが、最近はCD発売日に配信サービスでも購入できるようになっているようだ。

特典ポスターは貼る場所がないので私も持っているだけになってしまうが、Blu-RayやDVD映像特典がいらないなら、配信サービスで購入した方がお買い得かもしれない。

すでにシングル発表曲は持っているからそれ以外を購入という方法も取れるメリットもある。

ということで、未だPerfumeの曲を聞いた事がないという人は、ぜひ今作、そして前作以前も聞いてほしい。

抽選倍率が上がってしまうから積極的に言いたくはないが、ぜひライブに足を運んでほしい。

とにかく彼女たちの曲を聴くと、元気になれる。