Apple 新製品の使い心地は想像以上だ その2

Apple Watch Series3で大満足したのですが、毎日報道されるのは iPhone X の出荷台数が大幅に減る見込みという記事ばかり。

おそらく予約日は凄まじい戦いが繰り広げられることだと思う。

間違いなく予約戦に参加するつもりなのだが、ベンチマークテストの結果などを見ると、正統進化と言える iPhone 8 Plus も悪くないかなあと思い始めてしまった。

たとえ X を予約できたとしても、手に貼るのは11月3日とは限らない。初期出荷分を逃せば、おそらく1〜2ヶ月は待たされることになるだろう。

家族がまだ iPhone 5sを使っていて、突然電源が落ちる現象が生じており、文句を言っていることもあることから、いざXが手に入った段階で8 Plusを譲ればいいかなと考えた。

在庫を見て見ると、やはりX街の人がおいのか、8や8Plusの入手は難しくない。

ということでポチってしまいました。

IP8P01

今まで7 Plusのジェットブラックを使っていたので、今回もスペースグレイ。グレイと言うよりもブッ楽といってもいいかもしれない。

IP8P02

大きさやボタンの位置など、7とほとんど変化していないので、今まで使っていたケースがそのまま利用できる。

iOS11だと、端末同士を近づけて、簡単に機種変更する方法もあるのだが、今回は堅実にiTunesで暗号化したバックアップを取り、そこから復元。

簡単な手順では、私が調べた限りiCloudバックアップが必要なようなので、ふだんバックアップしているデータから復元したほうが確実ですし、暗号化バックアップでは各種設定も移行できるので、復元後の手間もそうかかりません。

もちろん機種変更前にWalletで登録したカード類を削除し、新しい機種で復活させています。

Apple Watchとのペアリングもやり直しですが、これには少々時間が必要になるので、注意が必要です。

新しいチップの高速化はまだそれほど体感できていませんが、ARkitを使ったアプリも利用できるので、Xを待つまでもなく新しい機能を試すこともできます。

この8 Plusを利用する期間はどれくらいになるか、27日に決定します。

何れにしても新しいiPhoneとApple Watchが手に入ったので、両社で利用できるイヤホンをどうするか。

次回にまた続きます。