退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

Amazonの今と昔

投稿日:2007年8月11日 更新日:

昨日、はじめてAmazonお急ぎ便で注文しました。
確かに、昨晩注文したものが、今日の夕方届いたのですが、このお急ぎ便を利用すると、通常1500円以上送料無料のところ、別途配送料として300円ちょっととられます。

今回注文した品は、急いで欲しかったものだったので、やむを得ないのですが、以前のAmazonだと「24時間以内に発送」と表示されていた品は、注文したのが夜だったとしても、翌日の夜には届いていました。

だから、そもそも「お急ぎ便」なるものは、存在自体必要ないものだったわけです。

ところが年々利用者が増えているせいなのかどうかわかりませんが、「24時間以内に出荷」となっている品が翌日になっても届かなくなり、「24時間以内に出荷」という表示自体がされずに、単に「在庫あり」という表示に変わってしまったり、だんだん出荷が遅くなっていきました。

そして、お急ぎ便の登場です。

なんとなく、お急ぎ便が登場してから、さらに通常便の出荷が遅くなった気がします。サービスに差をつけているのかと勘ぐりたくなります。

さらに、Amazonプライムの登場です。

年間3900円を払えば、お急ぎ便がデフォルトになり、さらに1500円未満の商品でも送料がかからなくなる、というサービスです。

もともとアメリカでも実施していたサービスだそうですが、なんだかな〜、という気になります。

私自身は、そんなに急いで欲しい本があるわけでもなし、文庫、新書のたぐいは、近所の書店やブックオフで買ってしまうので、Amazonに注文する本はほとんどが1500円以上、ということもあり、まったくメリットがありません。しかも、昔のAmazonを知っているので、意地でもプライムには加入しないつもりです。

まあ、そんな不満を言っていても、検索のしやすさ、レビューの多さ、ポイント、過去の購入履歴からのお薦めの的確さ、など、メリットも多いので、どうしてもAmazonを使っちゃうんですけどね。

どうせなら、アメリカ並みに扱い商品数を、もっと充実させて欲しいです。

ad by Google

ad by Google

-
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

星を継ぐもの

ジェイムズ・P・ホーガンの大傑作「星を継ぐもの」が出版されたのは、なんと1980/5/23なんですね。 そのときかどうかは、今となってはよく覚えていないのですが、相当昔にこれをはじめとするシリーズ(「 …

no image

今更ながら「ミレニアム」

時間があるので、買ったまま放置していた「ミレニアム」を読んでみた。 本についてはベストセラーなので知っている方も多いと思う。 簡単なあらすじをいうと、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルが大物実業 …

no image

新宿に「鮫」が帰ってきた

何のこっちゃ?という方もいるかもしれませんが、ファンにしてみれば「やっと来たか」という印象。 大沢在昌の小説の「新宿鮫」シリーズの最新刊がついに刊行。 前作が5年前というので、ほとんど記憶に残っていな …

no image

グーグル革命の衝撃

この本は、NHKスペシャルで放送されたものを、より掘り下げて書籍化したもので、番組を観た方には周知の内容が含まれていると思います。 残念ながら、私はこの番組を見損ねた(放送されるのは知っていたけど、録 …

no image

「ジャンパー」と「バンテージ・ポイント」を観に行きました

代休で平日に休みが取れたので、標題の本の映画を観に行きました。 「ジャンパー」の方は、7〜8年前くらいに早川文庫から出ている同名の小説を読んでいたのですが、それがとても面白く、何度かの大量本整理にもか …

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Last.fm