退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

お薦め本:白夜行

投稿日:2007年8月10日 更新日:

小説といえば、東野圭吾氏の本をよく読みます。

もしかしたら最近の本は、だいたい買っているかも知れません。

最初に読んだのが、“秘密” (東野 圭吾)。広末涼子が主演で映画にもなった作品です。
とても読みやすいのですが、月並みなテーマで、あんまり面白くありませんでした。
今でも、東野氏の小説を読みたい人に、この作品は薦めません。

次に読んだのが天空の蜂” (東野 圭吾)
原子力発電所の上空に、リモコンでヘリをホバリングさせ、政府を脅迫するという内容なのですが、「秘密」とはずいぶん毛色の違った作品だったので、「ずいぶん器用な作家だなあ」と思った記憶があります。
この本は、東野氏の作品としては、いまでも異色なものだと思いますが、とてもスリリングでお薦めできます。

3つめに読んだのが、今回お薦めする

白夜行 (集英社文庫)

東野 圭吾
集英社
2002-05
定価 ¥ 1,050


おすすめ平均:

powerd by Amazon360

です。
初めてギックリ腰になって、動けずにいたときに読んだ本ということもあって、非常に思い出深い作品となっています(^^:
ドラマ化されたこともあって、ご存じの方も多いでしょうし、ドラマを見た方も多いでしょう。
私も、どんな風に映像化しているのか興味があって、ドラマを見てみました。

というのもこの作品は、二人の主人公の周りで、いろいろな事件が起きていくのを、淡々と描いているのですが、どの事件も、だれが何の目的で起こしたのか、明確には書かれていません。本当に、「淡々」と書き綴られているのです。

「淡々」と話が進んでいくというと、何となく読みにくそうな印象を与えるかも知れませんが、これが不思議とラストまで一気に読めてしまいます。
このようなタイプの小説は初めてでした。
このような作品を書くことができる才能を、とてもうらやましくも感じました。

残念ながらドラマでは、小説で明確に書かれていないことも、はっきりと描かないわけにはいかず、小説のすばらしさを伝えることには失敗しています。でも、誰が映像化するにせよ、この作品の雰囲気を「映像で表現する」ことは難しいでしょう。

映画やドラマでは描けない、本としてのおもしろさを感じることができる作品です。

私の妻も、この白夜行で東野氏の作品にはまり、幻夜分身変身宿命レイクサイド手紙容疑者Xの献身使命と魂のリミット夜明けの街でと、立て続けに東野作品を読んでいますが、やはり白夜行が、ベスト1だそうです。

特に、「白夜行」を読んだ直後に「幻夜」を読むと、作品の内容が似ているだけに、少し違和感を覚える、ということでしたので、続けて読まない方がいいかも知れません。

ad by Google

ad by Google

-
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

新宿に「鮫」が帰ってきた

何のこっちゃ?という方もいるかもしれませんが、ファンにしてみれば「やっと来たか」という印象。 大沢在昌の小説の「新宿鮫」シリーズの最新刊がついに刊行。 前作が5年前というので、ほとんど記憶に残っていな …

no image

今更ながら「ミレニアム」

時間があるので、買ったまま放置していた「ミレニアム」を読んでみた。 本についてはベストセラーなので知っている方も多いと思う。 簡単なあらすじをいうと、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルが大物実業 …

「マカロニほうれん荘」がなつかしい~

Webを見ていたら、たまたま「マカロニほうれん荘」の話題を見つけました。 なつかしい~、って思って調べてみると、まだ新刊で買えるんですね。知りませんでした。 少年チャンピオンに連載されていた時、読んで …

no image

レバレッジ・リーディング

この本が出た直後に、本屋で見かけて、なんとなく気になったので、買ってみました。 しばらく積ん読だったのですが、けっこう高い評価の本のようなので、読んでみました。 うん、なかなか面白い。しかも本をどんど …

no image

今日買った本

本屋で見かけていたので、買おう買おうと思いつつ、なかなか買わなかった本を、ついに昨日買いました。 電車の中吊り広告でもよく見かける、この本です。 楽園 下 宮部 みゆき文藝春秋2007-08 定価 ¥ …

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Last.fm