退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

「ドント・ブリーズ」を観てきました(ネタバレあり!)

投稿日:

「20年に一本の恐怖の作品」とキャッチコピーがつけられている映画「ドント・ブリーズ」を観てきました。

NewImage

邦題を「ドント・プリーズ」と見間違えてしまう人もいるかもしれませんが、原題を見れば明らかな通り「息を止めろ」。

内容的には、「ドント・プリーズ」でも違和感はないかもしれませんね。

ストーリーとしては、3人組のケチな盗人仲間が、盲目で一人暮らしの老人が大金を家に隠し持っていることを知り、それを盗みに行こうというもの。

唯一の女性には家庭の事情で、地元を離れたいという強い思いがあります。

舞台はデトロイト。

デトロイトというのは絶妙な舞台設定だと思います。

一時期は自動車産業で活気あふれた都市が、今となっては産業も衰退して人口も減り、街は荒れ放題。治安も悪い。

解説を読むと、消防士は1500人、警官はたった1000人しかおらず、通報してからパトカーがやってくるまでの平均時間は約50分とのこと。

つまりこの街で暮らすには、自分のことは自分で守るしかないということになります。

そんな都会で、周りが廃屋ばかりの中、盲目の老人が大金を隠し持ったまま一人で暮らしている、となれば強盗からすれば格好のターゲットとなるでしょう。

しかしそのターゲットが単なる「盲目の老人」ではなかった。

元軍人で、イラクで負傷し失明したものの、聴覚、臭覚など研ぎ澄まされた能力を持っており、大した技量も持っていない若者3人はあっという間に追い詰められます。

老人にしてみれば目は見えなくとも住みなれた我が家。

杖がなくとも家の中を縦横無尽に歩き回りますが、若者にとっては初めての場所。

追いかけてくる老人とばったり出会った時は、まさに「息を止めろ」。

呼吸する音でさえ、聞かれてしまえば終わりです。

地下室では灯を消されてしまえば暗闇。でも盲目の老人には明かりは必要ありません。

この辺りの緊迫した空気感が「恐怖の作品」ということなのでしょう。

ここまでの話なら、ある意味「座頭市」にも似た印象を持つ方もいるかもしれませんが、老人にも公にされたくない事情がありますが、老人が語るその事情は普通の人には理解しづらいものでしょう。

老人も決して単なる被害者ではありません。

誰も善人はいないということになりますが、個人的にあのラストは気に入りません。

老人が犯した罪は単に我が子を殺された「復讐」以上の行為であり同情するわけではありませんが、戦地で失明し、子どもも殺され、金まで盗まれてしまう。

盗んだ側は、結果として金を独り占めして目的を果たす。

老人自身が語っていた通り、世の中は不公平だ、ということをテーマにした作品であれば、このようなラストでも仕方がないかもしれませんが、見る人によって感じ方が分かれるところだと思います。

作品としての出来は、「20年に一本の恐怖の作品」は言い過ぎかと思います。

もっとハラハラするような、もっとドキッとさせるような作品だと思い込んでいたため、少し身構えていた感はありますが、そういう点では期待はずれでした。

つまらないわけではないが、淡々と話が進んでいく。そんな話です。

個人的には、10点満点で4点くらいかな。

ad by Google

ad by Google

-映画

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「ブラックスワン」を見た

iTunes Storeでレンタルした「ブラックスワン」をやっと見ることができた。 基本的にアクションものとかSFとかのジャンルしか見ないので、バレーを舞台にしたこの種のスリラーものというのはあまり見 …

no image

ドラゴン・タトゥーの女を観てきました

原作は超ベストセラーの「ミレニアム」3部作。 すでに3部構成の映画も制作、公開されたもののアメリカリメイク作品です。 原作は持っているのですが,まだ読んでいません。すでに公開された3部構成の映画も録画 …

no image

パイレーツオブカリビアン ワールドエンドを観てきました

今までのシリーズを両方とも見ているのと、前作の終わり方が、いかにも「続きをお楽しみに」みたいになっていたので、策略に載せられて、今回も観に行きました。 事前に、あるラジオでの映画評を聞いていたら、「と …

no image

「ジャンパー」と「バンテージ・ポイント」を観に行きました

代休で平日に休みが取れたので、標題の本の映画を観に行きました。 「ジャンパー」の方は、7〜8年前くらいに早川文庫から出ている同名の小説を読んでいたのですが、それがとても面白く、何度かの大量本整理にもか …

no image

「ヒアアフター」すばらしい作品でした

iTunesでレンタルした「ヒアアフター」。 本当は映画館で見る予定でした。ところが3月11日の震災で上映中止となってしまい、見に行くことができなくなってしまいました。 この作品は、監督がクリント・イ …

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Last.fm