no-image

今日買った本

本屋で見かけていたので、買おう買おうと思いつつ、なかなか買わなかった本を、ついに昨日買いました。
電車の中吊り広告でもよく見かける、この本です。

楽園 下

宮部 みゆき
文藝春秋
2007-08
定価 ¥ 1,700


おすすめ平均:

楽園 上 (1)

宮部 みゆき
文藝春秋
2007-08
定価 ¥ 1,700


おすすめ平均:

powerd by Amazon360

正直なところ、私にとって「宮部みゆき」という作家の位置づけは微妙なところです。
けっこう売れた理由” (宮部 みゆき)を最初に読んだんですが、正直言ってあんまり面白いとは思いませんでした。
続けて、蒲生邸事件 (文春文庫)” (宮部 みゆき)も読みましたが、話としては面白かったんですが、引き続き読んでみたい作家としては、あんまり考えられませんでした。

しばらくたって、「模倣犯」を読んだところ、これが面白い。とても長い話なのだけど、ぐいぐい引き込まれて、あっという間に読んでしまいました。あれだけ長い話で、しかも途中で視点を変えて書かれているにもかかわらず、一気に読ませる文章力は「すごい」の一言です。

今回の「楽園」は、その「模倣犯」の続編として書かれた小説です。まだ読んでいないので、どの程度、前回の話を引き継いでいるかわかりませんが、非常に楽しみな1冊(上下なので2冊か)です。

これを読まれる方は、ぜひ「模倣犯」を読んでおきましょう。
私が読んだときには、ハードカバーの厚い本でしたが、今は文庫になっているようです。
模倣犯1″ (宮部 みゆき)
模倣犯2″ (宮部 みゆき)
模倣犯3″ (宮部 みゆき)
模倣犯〈4” (宮部 みゆき)
模倣犯〈5” (宮部 みゆき)