退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

DVD 映画

映画「64」を見ました。ネタバレあり

投稿日:

映画「64」を観ました。

NewImage

前編も公開初日に観に行き、非常に素晴らしい作品だったので、その後、やはり評価の高かったNHKドラマを「オンデマンド」で見て、さらに原作も買ったきりずっと読んでいなかったものを読みました。

原作がとにかく素晴らしいということもありますが、映画の前編も、NHKのドラマもこの原作に非常に忠実で、時には原作と一言一句同じセリフが出てくることもありました。

映画ではオリジナルのラスト、ということで前編を見た後は「早く後編が見たい」と、非常に楽しみにしていました。

しかし一方で不安も。

というのもNHKドラマが最後まで原作に忠実で、全く違和感がなかったこと。

これに対して何か話を付け足したりしたら「余計なお世話」になりはしないか。

そして後編。

公開初日は仕事で行けずに二日目に観に行きました。

正直な感想ですが、私の不安は的中しました。

余計な話が足されています。

原作でもドラマでも、あえてぼかして読む者、見る者の想像に任せている部分をはっきり映像化してしまった。

あのような話を付け加えてしまうと、三上の妻を呼んだ意味がないではないか。

三上本人が雨宮の姿をドラム缶の場所で見て話かけるなら、妻の立場がない。

原作では幸田メモも、警察にとっては痛手だが、それを逆手にとって「64」の真犯人を挙げると松岡が覚悟を決めていたのに、それもあっけない。

雨宮も目崎の下の娘に誘拐まがいのことをさせるのも「やりすぎ」の感がある。

キャストは確かに豪華だし、迫力もハンパないものがあった。

原作通りだとドラマとまったく同じになってしまうので、それは避けたいと考えるのもわかるが、ここまでやる必要があったのか。

この作品は前半の評価は高いが、後半で評価を落としているように感じてならない。

とにかく映画やドラマを見た人は原作は読んだほうがいい。

色々と考えさせられる深い作品である。

  

ad by Google

ad by Google

-DVD, 映画,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

アベンジャーズを観に行きました

ようやく待望の「アベンジャーズ」を観に行きました。 いつものとおり平日の初回上映ですので、混雑していなくてゆったり観れました。 すでに皆さんご存じのとおり、一人一人でも作品ができてしまうほどのヒーロー …

no image

「ダークナイト」を観てきました

話題の映画「ダークナイト」を金曜日の仕事帰りに観に行きました。 ホントはカミさんと夏休みを取って、一緒に観に行くはずが、カミさんが休めなくなったので、どうしても早く観たかった私だけ夜にいったという次第 …

Huluのドラマがおもしろい(その4:エージェント・オブ・シールド)

Huluで毎週金曜日に配信されるドラマとしては、こちらも見ています。 「エージェント・オブ・シールド」 映画「アベンジャーズ」で長官の補佐役として出演していたこの人を覚えていますか? アベンジャーズの …

no image

US版ブレードランナーを観ました

昨日届いたUS版ブレードランナー(Blu-ray)をさっそく観てみました。 観たのは、日本語字幕のあるファイナルカット版です。 監督自身も語っていることですが、1982年公開の作品を最新のデジタル技術 …

no image

ダークナイト ライジング を観に行きました

たまたま不定期休と映画の日が重なりました。 楽しみにしていたダークナイト ライジングを観に行くことができました。それも格安で。 でもさすが映画の日だけあって、混んでましたね。ほぼ満席だったような。9時 …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm