退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

DVD 映画

映画「64」を見ました。ネタバレあり

投稿日:

映画「64」を観ました。

NewImage

前編も公開初日に観に行き、非常に素晴らしい作品だったので、その後、やはり評価の高かったNHKドラマを「オンデマンド」で見て、さらに原作も買ったきりずっと読んでいなかったものを読みました。

原作がとにかく素晴らしいということもありますが、映画の前編も、NHKのドラマもこの原作に非常に忠実で、時には原作と一言一句同じセリフが出てくることもありました。

映画ではオリジナルのラスト、ということで前編を見た後は「早く後編が見たい」と、非常に楽しみにしていました。

しかし一方で不安も。

というのもNHKドラマが最後まで原作に忠実で、全く違和感がなかったこと。

これに対して何か話を付け足したりしたら「余計なお世話」になりはしないか。

そして後編。

公開初日は仕事で行けずに二日目に観に行きました。

正直な感想ですが、私の不安は的中しました。

余計な話が足されています。

原作でもドラマでも、あえてぼかして読む者、見る者の想像に任せている部分をはっきり映像化してしまった。

あのような話を付け加えてしまうと、三上の妻を呼んだ意味がないではないか。

三上本人が雨宮の姿をドラム缶の場所で見て話かけるなら、妻の立場がない。

原作では幸田メモも、警察にとっては痛手だが、それを逆手にとって「64」の真犯人を挙げると松岡が覚悟を決めていたのに、それもあっけない。

雨宮も目崎の下の娘に誘拐まがいのことをさせるのも「やりすぎ」の感がある。

キャストは確かに豪華だし、迫力もハンパないものがあった。

原作通りだとドラマとまったく同じになってしまうので、それは避けたいと考えるのもわかるが、ここまでやる必要があったのか。

この作品は前半の評価は高いが、後半で評価を落としているように感じてならない。

とにかく映画やドラマを見た人は原作は読んだほうがいい。

色々と考えさせられる深い作品である。

  

ad by Google

ad by Google

-DVD, 映画,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「ドクター・ストレンジ」を観てきました

本当は公開初日に観に行きたかった映画「ドクターストレンジ」を観てきました。 なかなかの映像で、今の特撮はこんなことまでできるのかと思わせる作品でした。 あらすじとしては、タカビーの脳外科医が事故で両手 …

「インターステラー」を観に行きました

話題の作品「インターステラー」を観に行ってきました。 場所はいつもの新宿ピカデリー。 いちばん早い回で観に行ったので、そんなに混んでいませんでした。 予告編を見ただけで、よくわからないけど、すごそうな …

no image

「ヒアアフター」すばらしい作品でした

iTunesでレンタルした「ヒアアフター」。 本当は映画館で見る予定でした。ところが3月11日の震災で上映中止となってしまい、見に行くことができなくなってしまいました。 この作品は、監督がクリント・イ …

no image

「2010年南アフリカW杯が危ない!」

書店でうろうろしていたら、「2010年南アフリカW杯が危ない!」という新書を見つけました。 もともとバックパッカーだった私は、当初のアジアからアフリカに徐々に興味が移っていったものの、やはり遠くてなか …

no image

THIS IS IT を観てきました

仕事帰りに、新宿ピカデリーによって、THIS IS ITを観てきました。 金曜日の夜と言うことでロビーは大混雑。19:00開演という、ちょうど仕事帰りにはぴったりの時間のためか、開場のアナウンスがあっ …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm