退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

今日、Amazonから届いた本

投稿日:

今日はAmazonから、次の本が届きました。

“反転闇社会の守護神と呼ばれて” (田中 森一)
元東京地検の敏腕検事だった著者が、弁護士に転身してから、さまざまな事件に関わってきた経緯が綴られている本です。ずっと興味を持っていたのですが、なかなか店頭では売っているのを見かけませんでした。売り切れの店が多かったようです。
Amazonに在庫があるのを見つけ、評価も非常に高かったことから購入しました。
楽しみです。

アンコール・ワット密林に眠っていた巨大遺跡 (旅名人ブックス)” (武田 和秀, 今井 , 克二, 笠原 美香)
アンコールワットの本をいくつか買っていたら、お薦め本に表示されたので、内容紹介を見てみました。
今まで買った、”アンコール・ワットを読む” (連合出版)はちょっと専門的すぎ、”悲しきアンコール・ワット” (三留 理男)は主に盗掘される遺跡の現状を述べた本なので、遺跡の解説を手軽に読める本って持ってなかったんですよね。
この本は、ちょうど探していた本のイメージにぴったりそうだったので買ってみました。

買ってから気づいたのですが、この本の改訂版が先月出ていたようです。届いてから気づきました。
どうせ紹介するなら、新しい方を紹介しろよ、という感じです。
アンコール・ワット 4密林に眠っていた巨大遺跡 (旅名人ブックス 35)” ( 克二, 笠原 美香)

ad by Google

ad by Google

-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

星を継ぐもの

ジェイムズ・P・ホーガンの大傑作「星を継ぐもの」が出版されたのは、なんと1980/5/23なんですね。 そのときかどうかは、今となってはよく覚えていないのですが、相当昔にこれをはじめとするシリーズ(「 …

no image

レバレッジ・リーディング

この本が出た直後に、本屋で見かけて、なんとなく気になったので、買ってみました。 しばらく積ん読だったのですが、けっこう高い評価の本のようなので、読んでみました。 うん、なかなか面白い。しかも本をどんど …

no image

旅行中に読んだ本

今回の旅行では、 “プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)” (福岡 伸一) “生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 …

no image

「スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ」の予約が始まっています

11月21日に世界同時刊行となる、スティーブ・ジョブズ氏の伝記の予約が始まりましたね。 予約ができるようになったとき、メールが来るようにAmazonに登録してあったのですが、いまだにそのメールは来てい …

no image

大人の科学マガジン vol.17 テルミン

一回だけ生で演奏しているのを見たことがあったのですが、楽器本体に手を触れることなく演奏する楽器「テルミン」。 とっても不思議な存在で、昔から関心がありました。 ただ、もともと楽器演奏には才能がないので …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm