退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

「ジャンパー」と「バンテージ・ポイント」を観に行きました

投稿日:

代休で平日に休みが取れたので、標題の本の映画を観に行きました。

「ジャンパー」の方は、7〜8年前くらいに早川文庫から出ている同名の小説を読んでいたのですが、それがとても面白く、何度かの大量本整理にもかかわらず、いまだに持ち続けているくらいなので、とても楽しみにしていました。もっとも、この本が原作かどうかははっきりとはわからなかったのですが。

平日の朝、第1回目の上映とあって人もまばらです。ゆったりと見ることができました。

内容はというと、突然テレポート能力に目覚めた主人公が、その力を利用して悠々自適な生活をしていたところ、ジャンパー能力を持つ人間を追う政府組織に追われる、というものです。

はっきり言ってしまえば、これは駄作といってもいいかも知れません。能力に目覚めるのも唐突ですし、追う政府組織についても、なぜ追わなければならないのかがはっきりしません。単に、ジャンプ能力を持つ者とそれを追う者の、単なる追いかけっこを延々と流している、という印象です。

本のジャンパーでは、主人公の母親はちょっと悲劇的な事件に巻き込まれますが、この映画で登場する母親については、やはり登場の仕方も唐突ですし、登場させる意味もよくわかりません。

まあ、何も考えずに見ることができる映画としてはいいかもしれませんが、テレビで放映したとしても、たぶん見ないでしょう。

しつこいようですが、本の方はお薦めです。

ジャンパー 上 (1) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)
スティーヴン・グールド
早川書房
2008-02
定価 ¥ 700
おすすめ平均:
ヤングアダルトに留まらず大人も楽しめる作品
powerd by Amazon360
ジャンパー 下 (3) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6)
スティーヴン・グールド
早川書房
2008-02
定価 ¥ 700
powerd by Amazon360

「バンテージ・ポイント」ですが、これは平日の午後にしてはほぼ満員の入り。劇場がちょっと狭かったこともありますが、休日だと指定券を買うか、少し並ぶ覚悟をしないといけないかも知れません。

上映時間は約90分とそんなに長い映画ではないのですが、最初から最後まで続く緊迫感はすごい。

大統領の登場から暗殺に至るまで、その場に居合わせた複数の人物の観点から、映像が繰り返されるのですが、最初は何が起きたのかよくわからないものの、違う視点の映像を見ることで、徐々に事件の全貌が見えてきます。

そして、最後の繰り返し映像で一気にすべてが明らかになります。

これは本当にすごい映画です。何よりも、脚本が見事。緻密に計算され尽くした脚本、という印象です。

今上映されている作品の中では、イチオシといえるのではないでしょうか。

ad by Google

ad by Google

-映画,
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

名探偵コナン 業火の向日葵 を観に行きました

毎年、ゴールデンウィークに家族で観に行っている「名探偵コナン」。 今年の作品は「業火の向日葵」。 話のあらすじはこう。 大富豪が集まるニューヨークのオークション会場で国際的名画が落札された。 それは、 …

「ゼロ・グラビティ」を観てきました

いつもの新宿ピカデリーに「ゼロ・グラビティ」を観に行きました。 平日の朝一の回とあってそれほど混雑していませんでした。 予告編を見て、とても期待していたのですが、その期待を上回る作品でした。 スゴイの …

Huluのドラマがおもしろい(その3:12モンキーズ)

Huluのドラマをまた見出したきっかけになったのが、このドラマ。 知っている方も多いかも知れませんが、元々は1995年に公開された映画。 ブルース・ウィリス主演で、脇役としてブラッド・ピットが出演して …

no image

「猛毒大国」中国を行く

なかなかショッキングな本です。 ギョーザ事件以来、中国製食品は危ないという認識は定着してきていますが、ここまですさまじいとは… 第1章の「春雨」。はっきり言って怖いです。 この本を読んだ直 …

MX4DでStar Wars を観に行きました

Star Wars の最新作は既に見ていたのですが、実は先行前売りチケットが余っていたため、4Dで上映している映画館に行ってみようということになりました。 場所は新宿歌舞伎町にあるTOHO CINEM …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm