退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

今日、Amazonから届いた本

投稿日:

今日、帰宅するとAmazonから本が届いていました。

届いたのは、次の本です。

“水噴射ロケット (科学のタマゴサイエンス・トイ・バージョン)” (学習研究社)
いわゆる、ペットボトルロケットです。
ペットボトルロケットの作り方が出ているのはもちろんですが、付録に出来合いのロケットが付いています。
ですので、自分でつくらなくても、即楽しめる、という訳。
子どもと遊ぶために買いましたが、どこで飛ばすかが問題です。
うまくいけば40メートルは飛ぶらしいので、「50メートル四方の空き地で遊んでください」と書いてあります。
近くには広い公園もあるのですが、そこでぶっ飛ばすのも危ないし、やっぱり河川敷とかにいった方がいいのかも知れません。

逆説の日本史〈1〉古代黎明編封印された「倭」の謎 (小学館文庫)” (井沢 元彦)
逆説の日本史〈2〉古代怨霊編” (井沢 元彦)
逆説の日本史 (3)” (井沢 元彦)
私は中学時代から日本史好きで、大学も日本史を専攻しています。
専門は、飛鳥、奈良時代のあたり。このシリーズでいうと、2巻目にあたります。
このシリーズは、日本史の専門家が書いたわけではありませんが、歴史読み物としては評価が高いようです。
このシリーズの最新刊が書店で平積みされているのを見て、ひさしぶりに日本史の読み物を読んでみたくなって買いました。
子どもが学校で日本史を勉強するようになったとき、教科書以外にもっと日本史に興味を持ってくれるようになるための、ネタ本としてもいいかも知れません。

この国が忘れていた正義 (文春新書 (582))” (中嶋 博行)
「今の日本は犯罪者『福祉型』社会なのだ。犯罪者福祉とは『犯罪者の更生改善を国家目標とする社会』である。この社会では、犯罪者にセカンド・チャンスを与えることが優先され、被害者の救済は必然的に後回しにされる。」
この本の帯に、本文からの抜粋として載っていた文章です。
全く同感です。
では、どうしたらいいのか。著者の考え方を知りたいと思い、注文してみました。

悲しきアンコール・ワット” (三留 理男)
またまた違うジャンルの本ですが、8月下旬にアンコールワットに行く予定なので、予備知識を得るために買った本です。この本は、アンコールワットでの盗掘の実態を書いた本のようなので、歴史的な知識を得る目的には役立ちませんが、遺跡の現状を知るという意味で興味がありました。
遺跡の詳しい解説については、先日
アンコール・ワットを読む” (連合出版)
という本を買っていますが、こっちはこっちで専門的すぎて、なかなか読み応えがあります。

ああ、どんどん本が溜まっていく。。。

ad by Google

ad by Google

-
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

お薦め本:白夜行

小説といえば、東野圭吾氏の本をよく読みます。 もしかしたら最近の本は、だいたい買っているかも知れません。 最初に読んだのが、“秘密” (東野 圭吾)。広末涼子が主演で映画にもな …

no image

今日買った本

本屋で見かけていたので、買おう買おうと思いつつ、なかなか買わなかった本を、ついに昨日買いました。 電車の中吊り広告でもよく見かける、この本です。 楽園 下 宮部 みゆき文藝春秋2007-08 定価 ¥ …

no image

国境なき記者団Tシャツ

以前のエントリーで書いた「国境なき記者団」の北京オリンピック抗議Tシャツですが、けっこう検索で来られる方もいらっしゃるようです。 特に書いてませんでしたが、ちゃんと到着してます。 デザインは、こんな感 …

映画「64」を見ました。ネタバレあり

映画「64」を観ました。 前編も公開初日に観に行き、非常に素晴らしい作品だったので、その後、やはり評価の高かったNHKドラマを「オンデマンド」で見て、さらに原作も買ったきりずっと読んでいなかったものを …

no image

やっと仁を読み終わりました

iPadでiComicを使って読んでいた「JIN―仁」をやっと読み終わりました。 仕事の昼休み時間中にしか読んでいなかったので、えらく時間がかかりましたが、なかなかおもしろい作品でした。 感想としては …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm