退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

最近読んだお薦めの本

投稿日:

お薦めの本を書くのは久しぶりですが、ペースは落ちたものの、相変わらずAmazonと楽天ブックスから本が毎日のように届いてます(^^ゞ

中でも最近の話題(といってももう少し前のテーマとも言えますが)で、いちばんのものといえば「アメリカのサブプライムローン問題」でしょう。
そもそも「サブプライムローン」とは何か、この問題がなぜ世界経済に大きな影響を与えるのか、なぜ世界同時株安という現象が来てしまうのか等、新聞やテレビでは詳しく報じられることは少ないので、私は今ひとつピンと来ていませんでした。
私も株は少しは持っているので、少なからず影響を受けているのですが、そんなときに目にとまったのがこの本。

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
春山 昇華
宝島社
2007-11-09
定価 ¥ 735
おすすめ平均:
サブプライム・ローン問題だけで終わらない
サブプライム問題の教科書
昨年末に読んどきゃ良かった
powerd by Amazon360

この本はサブプライムローン問題を易しく説明した本としては、もっとも手軽に読めるものだと思います。おそらく1時間から1時間半くらいあれば、誰でも読めてしまうと思います。それでいて、必要かつ十分な説明がなされています。昨晩手にとって、あっという間に読み切ってしまいました。
説明も回りくどくなく、経済問題に疎い方でも、それなりにいま起きていることの重要性、問題の根の深さが理解できると思います。
非常にお薦めです。

2番目が、こちらの本。

死因不明社会 (ブルーバックス 1578)
海堂 尊
講談社
2007-11-21
定価 ¥ 945
おすすめ平均:
日本の解剖率は2%
まさに母の死はあやしかった、、、
死して屍拾うものなし
powerd by Amazon360

日本の亡くなった方に対する解剖の割合は、なんとたった2%に落ち込んでいるのが現状とのこと。
新聞報道などをみていると、犯罪によって死亡したケースではいわゆる「司法解剖」なるものが実施されて、死因が特定されている印象を持ちますが、その死因を詳しく調べるべき「変死死体」に対する解剖率もたった9%で、しかも都道府県によってその割合は非常に偏っているとのこと。つまり、犯罪被害者であっても、その犯罪が暴かれずにいるケースが意外に多いかも知れないということです。
解剖数が減ってきている理由としては、いろいろ考えられるようですが、まずは人手不足と予算不足。それから、著者がいうとおり、自分の家族が亡くなったとき、医師などから「詳しく死因を調べたいので、解剖して良いですか」と聞かれれば、快く承知するケースは少ないだろうことは、想像に難くありません。
そこで著者が提案するのが、画像診断による死因調査です。
これであれば、それほど遺族の抵抗はないでしょうし、むしろ画像診断で正確な死因がわかるとすれば、やってもらいたいと考える家族もいるかも知れません。
人手不足、予算不足については、国家レベルで議論が必要でしょうが、著者の提案は非常に理にかなっていると思います。
まずは、死因調査に対する現状を知り、どう解決していくべきかを知るためには、良い本だと思います。

ご存じの方も多いと思いますが、この著者は「チーム・バチスタの栄光」などの小説で有名な方です。小説も売れているようですが、その原案として考えていた内容が本書ということで、小説を読んだ方にもお薦めです。

3冊目がこの本です。

iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書 48)
大谷 和利
アスキー
2008-01-10
定価 ¥ 760
おすすめ平均:
アップル製品の歴史がわかる
新書で読むジョブズ…(ただし、読者層は限られるかも?)
コンピューター業界のダルマさん
powerd by Amazon360

最近のMac WorldでMacbook Airを出して注目のAppleですが、やはりAppleをここまでの会社に成長させた立役者といえば、ジョブズでしょう。
私も、幕張メッセで開催されたMac Worldで、ジョブズのスピーチを聞いたことがありますが、人を引きつける魅力(というかカリスマ性といった方がいいんでしょうか)を持った人物だと思います。
この本は、新書サイズであることでそれほどページ数があるわけでもないのですが、Apple社におけるジョブズの役割をよく分析した本だと思います。
上記の関連書籍にもいくつかあるように、Apple社やジョブズを分析した本は、いままでも多数出ていますが、それらの分厚い本を読む前に、この本でひととおり基礎知識をつけておく、というのにもいいかも知れません。

またこの本と同時に、次のDVDをご覧になることもお薦めします。

ディスカバリーチャンネル アップル再生: iPodの挑戦
スティーヴ・ジョブズ
Happinet(SB)(D)
2007-11-22
定価 ¥ 3,570
おすすめ平均:
IPODができるまで
powerd by Amazon360

ジョブズ自身のインタビューがないのは残念ですが、iPodの開発者やApple社に関する本を書いているジャーナリストなどへのインタビューで構成されており、興味深い内容でした。

以上、3点の本をご紹介しましたが、たまたまというか、どれも新書なので、価格も手ごろで読みやすいと思います。

ad by Google

ad by Google

-
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「ジャンパー」と「バンテージ・ポイント」を観に行きました

代休で平日に休みが取れたので、標題の本の映画を観に行きました。 「ジャンパー」の方は、7〜8年前くらいに早川文庫から出ている同名の小説を読んでいたのですが、それがとても面白く、何度かの大量本整理にもか …

no image

今日、買ってきた本

吉祥寺に行ったついでに、ユザワヤ地下の本屋に行ってきました。 買ってきた本は、次のとおり。 10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て高濱 正伸SSコミュニケーションズ2007-10-25定価 ¥ …

no image

今日、アマゾンから届いた本

今日は、たくさん届きました。 まず、“レバレッジ勉強法” (本田直之)。 私が、強くお薦めしている“レバレッジ・リーディング“の著者が新しく書き下ろした …

no image

レバレッジ・リーディング

この本が出た直後に、本屋で見かけて、なんとなく気になったので、買ってみました。 しばらく積ん読だったのですが、けっこう高い評価の本のようなので、読んでみました。 うん、なかなか面白い。しかも本をどんど …

no image

今更ながら「容疑者Xの献身」

昨日に引き続き、東野圭吾繋がりです。 ドラマ「新参者」「赤い指」が想像以上によかったので、東野圭吾作品で特に人気の高い「容疑者Xの献身」を読んでみました(私自身は、東野圭吾作品の最高傑作は「白夜行」だ …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm