no-image

初詣

下関での初詣というと、赤間神宮というところがいちばん有名なのだと思います。立派な神社で、琵琶法師の増があることでも有名です。私自身にも、個人的な思い出があるところです。
でも、おそらくそちらは混んでいるだろうということで、すぐ近くの亀山神社というところに初詣に行きました。
子どもの七五三の時以来です。

お参りを済ませて、唐戸市場に向かいました。
下関に来た時は必ず唐戸市場の寿司屋に寄ることにしています。
さすがに1月2日ということで、市場は閉まっていました。寿司屋も市場内にあるので、これはやってないかなと思っていたら、2階だけ明かりが付いている!
すぐに店まで行き、夜の部を予約。夜の部といっても、17時開店なので、16時半から予約を受け付けているということなんですが。
すでに並んでいる人もたくさんいましたが、なんとか17時開店直後に入店できることに(私の次の人は、次の階に回されていました。ギリギリ)。

市場は開いていないということは、ネタは年末に仕入れたものなんでしょうが、あいかわらずここの寿司屋は安くてうまい。お薦めです。

その後、唐戸の桟橋を少し歩きましたが、寒い寒い。前日雪が降っていたくらいで、しかも北風が強いので、とっても寒い。いつもは寒がらない子どもも私も、コートの前を閉めても寒い。
すぐにバスで帰宅。

今年の初詣は無事に済ませることができました。
今年はいいことがあればいいなあ。