no-image

劇団四季のライオンキングを見てきました

今日は家族のちょっとした記念日だったので、劇団四季のライオンキングをみんなで見に行きました。

17:30からの回だったので、終わってからの食事だと遅くなってしまうため、遅めの昼食を近くのアジュール竹芝最上階のレストランで取りました。

今日は結婚式日和だったらしく、レストランも貸し切り状態でしたが、となりのレストラン(夜のみの営業)で食事をさせてくれました。

食べ終わってゆっくりしてから、劇場へ。

劇場は、そんなに広くもなく、かといって狭くもなく、ちょうどいい大きさです。チケットを取った時期が悪かったので、前の方は取れませんでしたが、空いていた両端のS席を取るよりは、後ろのA席を取った方がいいかなと考えたのですが、正解でした。

いちばん後ろの席のど真ん中だったのですが、会場の大きさから、見えづらいということもなく、後ろに誰もいない分気楽に見ることができました。

もともとミュージカル嫌い、舞台嫌いでしたが、食わず嫌いの面もあったので、実際に生で見ると好きになるかも、なんて考えていましたが、やはり自分には合わないようです。決してつまらないわけではありません。俳優たちの熱演はすばらしいのに加え、舞台装置がめまぐるしく変わるのにも驚かせられました。

子どもには事前にライオンキングのアニメDVDを見せていたので、けっこう楽しんでいたようです。

音楽もすばらしいので、舞台を見に来れないひとも、サントラを聴いてみてはいかがでしょうか。私はブロードウェイ版をiPod Touchに入れて聴いています。