退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

今更ながら、「悪の教典」

投稿日:2013年7月5日 更新日:

「悪の教典」を読み終わった。

小説が売れて、映画化されたのはずいぶん前なので、今更感が漂ってはいるが、久しぶりに東野圭吾氏以外の作家の小説だった。

実はiTunes Storeで映画をレンタルで見ていたのだが、どうも話しを急ぎすぎた感があって、主人公が最後の殺戮に到る経緯が今ひとつしっくりとこなかったのだが、小説を読むとその流れがよく理解できる。

理解できるとは言っても、感情を持たない男の話なので、主人公の心情までは理解できているわけではないけれど。

小説としては読みやすく、上下に分かれている割には早く読むことができた。

学校が舞台なので、先生や生徒が大量に登場し、誰が誰だかよく把握していないといけないとは思う。

舞台となる学校に赴任する前の主人公の行動も描写されており、主人公がいかに頭の回転が速いか、すぐに行動を起こせるのかがよくわかる。

ついには少しずつほころびが出始め、最後の殺戮に到るわけだが。

この主人公のような人間が実際にいるのかはわからないが、酒鬼薔薇事件の少年Aのことを思い出してしまった。少年Aの手記か何かをずいぶん前に読んだことがあるが、あの異常性はこの主人公につながるものがあるように感じる。

感情を一切持たない人間。

それに加えて高い知能を併せ持っている人間がいたら、さぞかしおそろしいことだと思う。

映画をレンタルするなら、これ。

三池崇史
posted with iTunesLinker at 13.09.11

原作はこちら。

Kindle版が文庫本と同じ価格というのが、ちょっとアレですが。

ad by Google

ad by Google

-映画,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「アイ・イン・ザ・スカイ」を観てきました

友人から勧められていた「アイ・イン・ザ・スカイ」をやっと観にいくことができました。 「やっと」というのは、この作品の評判にも関わらず上映館が限られていること。 いつも新宿で映画を見るのですが、銀座まで …

「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきました

今年のアカデミー作品賞を受賞したことでも話題になった「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきました。 アメリカ合衆国のボストンで、カトリック教会の聖職者によって児童に対する性的虐待が行われており、そ …

no image

WALL-E 超オススメです

Pixerの新作「WALL-E」。 最近は公開間近と言うこともあってCMも放送されるようになりましたが、iTunes Store(US)でダウンロードした映画を、この連休中に見終わりました。 結論から …

no image

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q を観に行きました

話題の作品「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観に行きました。 いつもの新宿ピカデリーでは上映していなかったので、久々のバルト9です。 初回の9時半開映にもかかわらず、場内はほぼ満席。 前日に、テレビで …

no image

前回更新から観に行った映画

映画もちょくちょく行っています。 「戦場でワルツを」を観に行けないままになっているのですが、次の3本を観に行きました。 インビクタス アバター ハートロッカー 1のインビクタスは不勉強ながら、「言い捨 …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm