退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

DVD

今更ながら「容疑者Xの献身」

投稿日:2013年5月30日 更新日:

昨日に引き続き、東野圭吾繋がりです。

ドラマ「新参者」「赤い指」が想像以上によかったので、東野圭吾作品で特に人気の高い「容疑者Xの献身」を読んでみました(私自身は、東野圭吾作品の最高傑作は「白夜行」だと思っています)。

殺人を犯してしまった女性。その犯罪を、その犯人を愛するが故、隠蔽工作を行う天才数学者。

警察は、数学者の目論見どおりに捜査を行うが、そこに天才物理学者「ガリレオ」が関わることで、真実が見えてくる。

この小説は、第134回直木賞受賞作でもあるだけに、傑作と呼べる作品でしょう。

しばらくミステリ小説から遠ざかっていましたが(というより小説を読むのが久しぶり)、数学者が行った隠蔽工作が明らかになったときには、正直驚きました。

非常に悲しい作品ですが、必読小説の1冊であることは間違いないでしょう。

小説を読んで、映画での表現が気になり、iTunes Storeでレンタルして見てみました。

テレビドラマの延長線上にある作品なので、原作には出てこない女刑事が余計に感じましたが、数学者役の堤真一の演技が渋かったですね。最近、iTunes Storeで「孤高のメス」という作品も見ていたのですが、この映画の主演も堤真一。

どちらも「3丁目の夕日」とは違い、淡々と演じているところがすばらしい。

原作の数学者は、ちょっと小太りのイメージなので、そこはちょっと違いますが。

小説はもちろん、映画も結構おすすめです。

東野圭吾氏は、多作な方だと思いますが、ほぼ全部ハイレベルなところがスゴイです。

 

iTunes Storeでのレンタルなら、こちら

西谷弘
posted with iTunesLinker at 13.09.11

ad by Google

ad by Google

-DVD,
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

お薦め本:佐藤優氏

ここ数日で佐藤優氏の本を2冊続けて読みました。 1冊目は、「国家と人生」。竹村健一氏との対談です。 国家と人生—寛容と多元主義が世界を変える竹村 健一太陽企画出版2007-11定価 ¥ 1,680おす …

no image

大人の科学マガジン vol.17 テルミン

一回だけ生で演奏しているのを見たことがあったのですが、楽器本体に手を触れることなく演奏する楽器「テルミン」。 とっても不思議な存在で、昔から関心がありました。 ただ、もともと楽器演奏には才能がないので …

no image

新しいDVDが届きました

Amazonのウィッシュリストにずっと入っていたDVDをついに注文しました。 やはりきっかけはヨドバシカメラ吉祥寺店のDVDコーナーで実物を見たこと。 解説を読んで、やはりこれは「絶対買いだ!」と思い …

no image

今更ながら、「悪の教典」

「悪の教典」を読み終わった。 小説が売れて、映画化されたのはずいぶん前なので、今更感が漂ってはいるが、久しぶりに東野圭吾氏以外の作家の小説だった。 実はiTunes Storeで映画をレンタルで見てい …

no image

ウォークマン届いた

今日は職場の歓送迎会。 酔って帰宅したら、こんな荷物が。 開梱すると、 なかなか小さい。 でも今日は酔っぱらっているので、検証は明日。といいたいところだが、明日も別の飲み会なので、土曜日から使う予定。 …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm