退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

スタイラスペンで電話ができる! 画期的なスタイラス BT S PEN を使ってみる

投稿日:

先日機種交換したGalaxy Note II ですが、ペンの使い方が先代よりもパワーアップしてます。

実際にタッチする前に、画面にペンを近づけるだけで、本体が反応してくれます。

ただいかんせん付属のペンは、本体に収納するため致し方ありませんが、細い。

ということで、韓国で発売された BT S PEN を使ってみることにしました。

こんな箱に入って届きます。

DSC00583

箱の裏はこの通り。

DSC00584

ハングルでの表記のみなので、まだ韓国内だけの流通のようです。

DSC00586

説明書もハングルのみ。英語表記もありません。

DSC00591

ペン本体はこんな感じ。左側がNote II付属のペンです。

BT S PENのおもしろさは、このBTというところにあります。

というのもスマートフォンとBluetooth接続できてしまいます。

接続すると、このペンで電話することができます。

上のBT S PENの写真で、本体上部左側に縦長の穴が見えますが、これがスピーカ。

真ん中くらいに小さな穴がありますが、これがマイク。

上の写真の、ペン右上のボタンで電話に出たり切ったりすることができます。長押しすると、電源スイッチとなります。

Sペンとしての使い勝手は同じですが、本体価格が高いせいもあるのか、ペン先を交換することができます。

DSC00589

この袋に入っている棒のようなものがペン先、引っこ抜いたり挿したりするためのピンセットが右のリングです。

このBT S PENは、今Pocketgamesさんでも扱いが始まったようですが、すでに売り切れ。

私は直接韓国から取り寄せたので、少し安く手に入れることができました。

ただし、本体の充電に必要な電源ケーブルは韓国仕様。

DSC00594

日本用の変換プラグを同梱してくれたので、これで充電できます。

ちなみにペンの充電はここにケーブルを挿して行います。

DSC00593

この丸い部分をクルッとさせるつなぎの部分が柔らかくて、しばらくすると取れちゃいそうな気もします。

SペンとしてはGalaxy Noteで使うしかありませんが、メインの電話はiPhone。BTでのペアリングはNoteにしなくちゃいけないことはないので、iPhoneと同期させようかとも考えています。

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

Xperia について書きたいことはあるけれど

Xperiaについては書きたいことはいろいろあるのですが、今日は年甲斐もなく張り切りすぎたので、疲れました。もう寝ます。 明日も飲み会なので、帰宅してからかけるかどうか。 とりあえず一言、Xperia …

no image

XPERIA X1 にATOKで苦戦

今日少し時間があったので、XPERIA X1にATOKをインストールしてみました。 結果は、インストール事態は無事に終わったように見えて、ダメダメ。 何がダメかというと、標準インストールアプリ(Not …

no image

MX W1 簡単レビュー

前回のエントリで購入報告をした「ZENNHEISER MX W1」ですが、あれからiPhoneでこれを使っていろいろと聴いてみています。 それまではUltimateEars Triple.fi 10V …

no image

App Store オープン!

いよいよ本日 iPhone 発売と言うことで、App Store もオープンしてますね。 アプリケーションをダウンロードするには、 iTunesのバージョンを7.7に上げておく必要がありますが、7.6 …

no image

Touch HD の Google Maps

いただいたコメントで知ったのですが、Windows Mobile用のGoogle Mapsがバージョンアップして、ストリートビューにも対応していたんですね。 さっそくダウンロードしてみました。 Tou …

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Last.fm