退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

アルゴを観に行きました

投稿日:

今日から公開の、アルゴ。

さっそく観に行きました。

最初はこの映画のことは知らなかったんですが、偶然聞いた映画評論家の町山智浩さんの話を聞いて、俄然観に行きたくなった作品です。

「アルゴ」という映画のタイトルは、映画のタイトルから取られています。何のこっちゃ?と思われるかも知れませんが、架空のSF作品のことです。

時は1979年のイラン革命。アメリカ大使館が占拠され、長期間にわたり大使館員が人質に取られた事件は有名です。

でもその時、大使館の裏口から6名の職員が脱出に成功していました。彼らはカナダ大使の私邸にかくまわれていましたが、やがてシュレッダーで処理された写真付きの職員名簿をイラン人たちが復元し、人質の数が少ないことに気付きます。

なるべく早く救出しないと、彼らの居所がばれ、公開処刑となる可能性さえありました。

そこでCIAが考えたのが、架空の映画作戦。

スターウォーズのスカイウォーカーがいた惑星の場面は、確かどこかの砂漠で撮影されたものらしいですが、やはりこの架空の作品「アルゴ」も砂漠のシーンが必要とあって、ロケハンチームがイランにやってきたことにしてしまいます。そのチームとして6人を帰国させるというもの。

映画は本物らしくするため、ポスターも作られ、脚本も書かれ、オーディションまで行われます。つまり敵をだますには、まず味方から、というわけです。

作戦はなんとか実行されますが、幾度となく危険な目に遭い、とうとう中止命令まで出されてしまいます。

さてその成否はいかに、ということなんですが、これは事実に基づく作品で、6人は無事に帰国することははじめからわかっているんですが、特に最後の30分はハラハラし通しでした。

カナダの協力による救出、ということになっていたようですが、裏で偽の映画制作作戦が実行されていたことは18年もの間トップシークレットとなっており、公開された情報によりこの映画が作成されたそうです。

アメリカでは 、上映が終了すると同時に拍手喝采だったそうですが、確かにそれも頷ける作品です。

アカデミー賞にもノミネートされるのは確実、とも言われているそうですが、一時的に干されていた監督兼主演のベン・アフレックも見事に復活と言ったところでしょうか。

これはおすすめです。

ad by Google

ad by Google

-映画

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

グラントリノを観に行ってきました

監督した作品がすべて高い評価を受けている、クリントイーストウッド監督、主演で話題の「グラン・トリノ」を観に行ってきました。 さすがに話題の映画なので、ほぼ満席。年齢層も幅広い。 あらすじとしては、妻に …

no image

「告発のとき」を観に行きました

たまにはiPhone以外の話題を。 また仕事帰りに映画を観に行きました。「告発のとき」です。 原題は「 IN THE VALLEY OF ELAH」(エラの谷にて)。旧約聖書に出てくる、巨人ゴリアテを …

ソロモンの偽証 後編を観てきました

前編が非常に良かったので、楽しみにしていた後編を4月18日に観に行きました。 本当は公開日である11日に観に行きたかったのですが、どうしても外せない用事があったため1週間遅れてしまいました。 観に行っ …

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー) を観に行きました

現時点で興行収入トップの「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」を観に行きました。 ゴールデンウィークに家族揃って見に行く、毎年恒例のお出かけです。 今までは吉祥寺で観ていたのですが、吉祥寺の映 …

「ドント・ブリーズ」を観てきました(ネタバレあり!)

「20年に一本の恐怖の作品」とキャッチコピーがつけられている映画「ドント・ブリーズ」を観てきました。 邦題を「ドント・プリーズ」と見間違えてしまう人もいるかもしれませんが、原題を見れば明らかな通り「息 …

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

Last.fm