no-image

iPod Touch でVNC

VNCって何?という方は、まずこちらをご覧ください

簡単に言えば、ネットワーク上にあるコンピュータをリモートで動かすためのソフトです。

iPod TouchをJailbreakして、最新のInstallerを入れると、VNseaというVNCのクライアントソフトのバージョン0.5を入れることができます。

これをインストールしたら、トップ画面が1ページに収まり切らなくなってしまいました。

こんな感じ。

左が1ページ目。写真をめくるのと同じような操作(CoverFlowを動かすのと同じような操作)で2ページ目にいけます。

2ページ目にいってしまったMapを使う頻度が多いので、順序は変えたいと思いますが、とりあえず今日はこのままで。

これを使って、Macをリモート操作するための手順は次のとおりです。

まず、Mac側。

Leopardであれば、システム環境設定の「共有」をクリックします。

ここの一番上にある「画面共有」をオンにします。

するとMacのIPアドレスが表示されると思いますので、メモっておきます。

さらに「コンピュータ設定」というところをクリックすると、次のような画面が表示されます。

VNC_setting_mac

最初はどちらにもチェックは入っていないので、チェックして、何か適当なパスワードを決めて入力します。別にふだんMacにログインするときのパスワードと一致させる必要はありません。

次にiPod Touch側の設定です。

VNseaをタッチして表示される画面の左上にある”New”をタッチすると、次のような画面になります。

一番上のNameは単なる識別名なので、自分でわかりやすい名前を付けましょう。

次のアドレスが、上でメモった相手Macのアドレスです。

次のPasswordが、上で決めたパスワードです。

これでおしまい。忘れずにSaveします。

あとは自分で決めた識別名をタッチ すると、次のようにiPod Touchの画面に、Macの画面が映し出されます。

スクリーンショットを取る関係で、ターミナル画面が前に表示されてしまっていますが、iPod Touchの画面をタッチすれば、Macを操作することもできます。

だからどうした?といわれそうですが、リモートでいろいろ操作できるのは面白いです。実用性という点ではあまり思いつきませんが。