退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPhone用ヘッドフォンアンプ Go-Dap Unit 4.0(その3)

投稿日:

15469-1887-262199

だいぶ間隔が空いてしまいましたが、iPhone用ヘッドフォンアンプ Go-Dap Unit 4.0の貸出期間も終わりに近づいたので、レビューをまとめてみようと思います。

まずは、改めて外観から。

外付けのポタアンをゴムバンドで止めるのではなく,ケース一体型ということで持ち運びは苦になりません。ただし、これにiPhoneを装着してしまうと、iPhoneの大きさが厚さ2センチとなり、気軽にポケットへ,という使い方はできなくなります。

たとえば、家の中でiPhoneをリモコンとして利用しようとすると、どうも不格好で使いづらいため、アンプからiPhoneを取り外して使うことも頻繁になります。ここでひとつ問題点。

この製品の構造上、斜め方向からドックコネクタにはめることになるんですが、頻繁な取り外しを考えると,コネクタへのダメージが少し心配になります。

また、この製品を裏から見たときは「高級感あるアルミ筺体」なので問題ないのですが、iPhoneを覆う部分がシリコンというかゴムでできており、ちょっと見た目も触った感じも今ひとつです。

ドックの斜め差しの問題もあることから、次期製品ではアンプ部分はともかくとして、iPhoneを格納する部分は多くのiPhone用バッテリ内蔵ケースのように、上下にパカッと分かれるようなケースで、コネクタにも垂直に刺さるような方法が採れればなおいいと思います。

重要な音質面についてですが、エージングが利いてきたせいか、より音にまろやかさが加わったような印象です。ずっとアンプを通して音楽を聴いていましたが、メタル系でボリュームを上げて聴いていても、耳障りな感じはしません。でかい音量でも耳に優しいというか。

日々ボリュームが上がっていったような気もします。耳によくないけど。

ジャンルは問わず聴いていたのですが、得意不得意もあまり感じられず,オールマイティにまろやかさを加味してくれます。

久しぶりに,素のiPhoneで音楽を聴いてみましたが、ひじょうに「雑」な感じがします。同じメタル系でも、同じボリュームで聴いていると,耳にキンキン響いてボリュームを落としてしまう感じ。この手の曲はボリュームを落とすと迫力ないんだけどなあ。

ちなみに、私はメタル好きというわけではありません。何でも聴く中のひとつでしかありません。ほとんどシャッフルで曲を聴いていたので、次に何が来るか予想できませんが、どんな曲でもこのアンプの効果は十分に感じられました。

では、この製品のレンタルが終わったら,即買いか?といわれると微妙です。

年末までセールで,通常より5000円引きで販売されていましたが、他のアンプも試したいという気持ちが強く,手が出ませんでした。分厚いiPhoneを常に持ち運びたいか、というのも手が出ない理由のひとつです。頻繁な取り外しの懸念は上記のとおりなので、音楽を聴くときだけ外付けのポタアンを使ってもいいのかも,とも思い始めています。

たとえば、FOSTEX ポータブルヘッドホンアンプDAC HP-P1なんかは有力な候補となります。

それから、いくつかのイヤフォンを試してみましたが、このアンプの効果をはっきりと感じたいのなら、それなりのイヤフォンを用意した方がいいです。これはすべてのポタアン利用にも当てはまるのかも知れませんが、イヤフォンへの投資はできる限りした上で試さないと、アンプの力が発揮できずもったいないです。

私が使っていたイヤフォンはほとんど“Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10vi TF10V”でしたが、SONYのMDR-EX700SLではやはり音の違いを感じました。

最後にこれは不具合なのかなあという事象が2点。

ひとつが、iPhoneのバッテリが異様に少なくなってしまうことが数回ありました。iPhoneの使い方は変わりないのに、帰宅するといつもは60%くらい残っているのに、ほとんどバッテリ容量が残っていないときもありました。

またこのアンプにiPhoneを装着しているときは,付属のUSBケーブルで同期、充電などを行うのですが、コネクタにUSBケーブルを挿したあと、頻繁に接続と切断が繰り返してしまうことがありました。このときは,アンプからiPhoneを取り外し、再度装着することで現象は収まりました。

同じ現象かも知れませんが、ある日帰宅時にiPhoneで音楽を聴こうとしたとき、バッテリ容量がほとんどなくなっていることに気付きました。このGo-Dap Unit 4.0は、1580mA/hバッテリーを搭載しiPhoneへの給電も可能なので、給電側にスイッチを切り替えると、Go-Dap Unit 4.0とiPhoneとが頻繁に接続と切断を繰り返し始めたため、やむなくアンプのスイッチを切り、音楽を聴くことができませんでした。このときはiPhoneのバッテリもなくなりかけていたので、事実上電話としても使用不能状態でした。

原因は分かりませんが、バッテリが異常に消費される現象は,他のブログか何かで読んだ記憶があるので、私だけの現象では無さそうです。

以上、長々と述べましたが、総じて初めてのポタアンとして,いい経験をさせてもらえました。

本物のオーディオは価格も高く,のめり込むとたいへんなことになりそうなので、iPhoneやiPodでの音楽の楽しみ方として,これからも研究させてもらいます。

15469-1887-262199

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

Leap Motion がついに届いた!!

2012年5月23日にPre-Orderしていた”Leap Motion”がついに我が家へやってきました。 デモ画面を見て衝撃を受け、早く来ないかとずっと待ちわびていたデバイスです。 どん …

no image

iPhone5用のドックはこれで決まりではなかろうか

少し前にもiPhone5用のドックを購入した記事を書きましたが、その時のドックは純正Lightning cableを挿して使うものでした。 しばらく使ってみると、アラが目立ってきました。 というのもこ …

no image

Touch HD の設定を行いました

昨日は体調が優れなかったので、ちょっと起動させたくらいで止めてしまったのですが、今日はだいぶ回復したので設定作業を行ってみました。 手順は、以前Touch Proについてやったのと同じ順序でやることに …

no image

帰省土産にデジタルフォトフレーム

今回の帰省では、土産として「Transcend デジタルフォトフレーム」というのを買っていきました。 簡単に説明すると、SDカードなどに写真を保存しておき、それを差し込むとそのデータを表示する、という …

no image

LED Cinema Display がやってきた

LED Cinema Displayが届きました。 今までは、MacとWindowsでDELLの20インチディスプレイを共用していましたが、両者を同時に使いたいときいちいち切り替えるのが面倒だったので …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm