退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPhone用ヘッドフォンアンプ(その1)

投稿日:2011年12月6日 更新日:

15469-1887-259058

みんぽすさんからiPhone用のヘッドフォンアンプを運良くお借りできましたので、そのレビューをしてみたいと思います。

品物は、ベンチャークラフト『Go-Dap Unit 4.0』というもので、iPhone4のケース一体型のアンプです。

今晩受け取ることができたので、さっそく開封してみましたが、バッテリチェックをしてみたところ、見事にゼロ。

なので、現在急速充電中です。

まだ音は試聴できていないので、外観からご紹介。

商品はこんな箱に入っています。

DSC00239

箱の裏面はこの通り。

DSC00241

ケースを開けると、アンプ本体が入っており(当然か)、中の箱には説明書と充電用USBケーブルが入っています。

iPhoneと並べてみるとこんな感じ。

DSC00243

iPhoneを装着するとだいぶ大きくなりそうです。

当然アンプ内蔵と言うことで、厚みもあります。

DSC00246

この厚みにはちょっと訳があって、実は1580mA/hバッテリーを搭載しており、iPhoneへの給電on/off切り換えによりiPhoneの予備バッテリーにもなります。これはなかなかグッドですね。

本体を上から見ると、こんな感じ。

DSC00247

左側が大きくへこんでいるのは、カメラ用のくぼみです。

右側真ん中の丸いつまみがボリューム。

その右がヘッドフォンジャックであり、光オーディオ出力端子でもあります。ですので、音楽を光デジタル出力することもできるので、オーディオ機器と接続することも可能になるというわけです。

ボリュームつまみの左側にあるのがトグルスイッチで、アンプモード、アンプ&iPhoneへの充電、母艦とのシンクの切り替えが行えます。

本体左側面にはバッテリの状態をLED表示させることができます。

DSC00249

小さなボタンが付いていますが、これを押すことでアンプの充電状態が分かるというわけです。

ボディ本体はアルミで覆われていますが、iPhoneをかぶせる部分はシリコンのような素材でできており、iPhoneを優しく包んでくれます。

お値段は、先日Amazonで見たときには39,800円でしたが、今見たところ歳末セールで5,000円引きの29,800円で販売されています。

さて、充電が終わったらさっそく聴いてみたいと思います。

早く充電が終わらないかな。

15469-1887-259058

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

iPhone SE が届きました

Docomoの回線が一つ余っていたので、解約するかどうか検討していたのですが、せっかくなので「iPhone SE」に機種変更してみました。 予約日に首尾よく予約はできていたのですが、予約後の受け取りや …

no image

iPad用vaja製ケース届きました

注文してから2ヶ月。 やっと配送通知が届き、ブエノスアイレスから5日間かけて、我がiPad用のケースが届きました。 自分で選ぶとどうしてもこの色になっちゃうんですよね。ワインカラー。 これを開くと、 …

no image

iPhoneの画面はこんな感じになりました Part2

今日は朝から体調が悪く、ずっと寝ていたのですが、やっと先ほどから起き上がれるようになりました。風邪引いたわけでもないのに、いったいなんなんだろ?年のせいかな。 てなわけで、一昨日の晩から悪戦苦闘したi …

no image

Magic Trackpad が届きました

昨晩、注文していた Magic Trackpad が到着しました。 すでに皆さんもご存じののように,Appleキーボードと縦の長さが同じなので横幅もそれなりの大きさで,トラックパッドとしては結構大きめ …

no image

iPod用のイヤフォンを換えてみた

私がiPodで音楽を聴くとき、使っていたイヤホンがこれ。 形を見ておわかりのとおり、耳の奥に差し込む、いわゆるカナル型というタイプなので、音漏れも少なく、音もけっこう気に入っていました。2年近く使って …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm