退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

スティーブ・ジョブズの伝記を読み始めました

投稿日:

今日から発売となったスティーブ・ジョブズの伝記を読み始めました。

リアル書店から購入しても、自炊代行業者の元に行くだけなので、最初から電子書籍版です。

iTunes Storeでの取り扱いは遅れるようですが、Voyagerなどの電子書籍版はすぐに買えます。

でもリアル本と電子書籍版と料金が同じというのも解せない話ですが、日本での値段は高すぎですね。ボリュームはたしかにあるので、ⅠとⅡに分かれるのはやむを得ないとしても、もう少し安くならないものでしょうか。

あと電子書籍市場を拡大するためにも、電子書籍版をもっと安くしてもいいのではと考えてしまいます。

どんな理由か知りませんが、Appleの創業者の伝記なのに、iTunes Storeの扱いが遅れるのも、ちょっとなあ、という感じですね。

いずれにしてもまだ序章しか読んでいませんが、生い立ちからトイストーリーができるまでを描いたⅠはなかなか読み応えがありそうです。

ad by Google

ad by Google

-
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

旅行中に読んだ本

今回の旅行では、 “プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)” (福岡 伸一) “生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 …

no image

「ジャンパー」と「バンテージ・ポイント」を観に行きました

代休で平日に休みが取れたので、標題の本の映画を観に行きました。 「ジャンパー」の方は、7〜8年前くらいに早川文庫から出ている同名の小説を読んでいたのですが、それがとても面白く、何度かの大量本整理にもか …

no image

今日、買ってきた本

吉祥寺に行ったついでに、ユザワヤ地下の本屋に行ってきました。 買ってきた本は、次のとおり。 10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て高濱 正伸SSコミュニケーションズ2007-10-25定価 ¥ …

no image

今更ながら「容疑者Xの献身」

昨日に引き続き、東野圭吾繋がりです。 ドラマ「新参者」「赤い指」が想像以上によかったので、東野圭吾作品で特に人気の高い「容疑者Xの献身」を読んでみました(私自身は、東野圭吾作品の最高傑作は「白夜行」だ …

no image

2008年本屋大賞

2008年の本屋大賞が発表されたとのこと。 さっそくベスト10を見てみました。といっても、ちょうど10位の小説が上巻なので、11位にその下巻が入り、全部で11冊。 1位は、今度のの直木賞(?)有力候補 …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm