退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

やっと仁を読み終わりました

投稿日:2011年9月4日 更新日:

iPadでiComicを使って読んでいた「JIN―仁」をやっと読み終わりました。

仕事の昼休み時間中にしか読んでいなかったので、えらく時間がかかりましたが、なかなかおもしろい作品でした。

感想としては、最初の話と最後の締めがよく揃ったな、という感じ。漫画家の方も、当然ですが作品の最初から最後まできちんと筋書きを決めて書いているのだな、と感心。

現代医が幕末にタイムスリップしてしまい、当時としては段違いに高度な医療をどう広めていくか、坂本龍馬や勝海舟など要人と呼ばれる人物との出会いと別れ、さまざまな町の人々との出会い、どれをとっても興味の尽きない作品でした。

これは読んだことのない方には、是非ともおすすめしたい作品です。

ad by Google

ad by Google

-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

この国が忘れていた正義

文春新書から出ている「この国が忘れていた正義」を読み終わりました。 この国が忘れていた正義 (文春新書 (582))中嶋 博行文芸春秋2007-07定価 ¥ 746おすすめ平均: ι?? powerd …

no image

今更ながら「ミレニアム」

時間があるので、買ったまま放置していた「ミレニアム」を読んでみた。 本についてはベストセラーなので知っている方も多いと思う。 簡単なあらすじをいうと、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルが大物実業 …

no image

「歩くバンコク」がiPadアプリになっていた!

2007年8月までは毎年行っていたタイ。 それ以来、家庭の事情もありタイには行っていないのですが、この「歩くバンコク」という本は毎年買っていました。 簡単に言えば単なるガイド本なのですが、BTS(バン …

no image

お薦め本:佐藤優氏

ここ数日で佐藤優氏の本を2冊続けて読みました。 1冊目は、「国家と人生」。竹村健一氏との対談です。 国家と人生—寛容と多元主義が世界を変える竹村 健一太陽企画出版2007-11定価 ¥ 1,680おす …

no image

新宿に「鮫」が帰ってきた

何のこっちゃ?という方もいるかもしれませんが、ファンにしてみれば「やっと来たか」という印象。 大沢在昌の小説の「新宿鮫」シリーズの最新刊がついに刊行。 前作が5年前というので、ほとんど記憶に残っていな …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm