退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

やっと仁を読み終わりました

投稿日:2011年9月4日 更新日:

iPadでiComicを使って読んでいた「JIN―仁」をやっと読み終わりました。

仕事の昼休み時間中にしか読んでいなかったので、えらく時間がかかりましたが、なかなかおもしろい作品でした。

感想としては、最初の話と最後の締めがよく揃ったな、という感じ。漫画家の方も、当然ですが作品の最初から最後まできちんと筋書きを決めて書いているのだな、と感心。

現代医が幕末にタイムスリップしてしまい、当時としては段違いに高度な医療をどう広めていくか、坂本龍馬や勝海舟など要人と呼ばれる人物との出会いと別れ、さまざまな町の人々との出会い、どれをとっても興味の尽きない作品でした。

これは読んだことのない方には、是非ともおすすめしたい作品です。

ad by Google

ad by Google

-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「歩くバンコク」がiPadアプリになっていた!

2007年8月までは毎年行っていたタイ。 それ以来、家庭の事情もありタイには行っていないのですが、この「歩くバンコク」という本は毎年買っていました。 簡単に言えば単なるガイド本なのですが、BTS(バン …

no image

今日、買った本

仕事の帰りに、バスの発車時間までの時間つぶしで本屋に入ったら、いつも買っている本の続きと、何冊か持っている著者の新刊本が出ていたので、買ってしまいました。 買った本の一冊目は、 “水滸伝 …

no image

今日、Amazonから届いた本

今日、帰宅するとAmazonから本が届いていました。 届いたのは、次の本です。 “水噴射ロケット (科学のタマゴサイエンス・トイ・バージョン)” (学習研究社) いわゆる、ペッ …

no image

今日、Amazonから届いた本

今日はAmazonから、次の本が届きました。 “反転―闇社会の守護神と呼ばれて” (田中 森一) 元東京地検の敏腕検事だった著者が、弁護士に転身してから、さまざまな事件に関わっ …

no image

今更ながら「容疑者Xの献身」

昨日に引き続き、東野圭吾繋がりです。 ドラマ「新参者」「赤い指」が想像以上によかったので、東野圭吾作品で特に人気の高い「容疑者Xの献身」を読んでみました(私自身は、東野圭吾作品の最高傑作は「白夜行」だ …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm