退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

レバレッジ・リーディング

投稿日:2007年7月14日 更新日:

この本が出た直後に、本屋で見かけて、なんとなく気になったので、買ってみました。

しばらく積ん読だったのですが、けっこう高い評価の本のようなので、読んでみました。

うん、なかなか面白い。しかも本をどんどん読んで、それを自分の資産として、活用していくという考えには、非常に同感です。

本に線を引いたり、欄外にメモったりするのは、何となく抵抗があるのでしていませんが、とにかくたくさん読んで、いろいろな経験値を積んでいく、ということは、この本を読む前から実践しているつもりではいたものの、この本を読んでから、さらに加速したように感じます。

買うか買わないか迷ったら、とにかく買って読んでみる。読んでいる途中で、自分に合わないと感じたら、さっさと次の本に移る。今はこんな感じになっています。おかげで本を買う出費が大幅に増えました(^_^;)
(毎日のようにAmazonからのペリカン便がやってきます。本屋にも週に3回はいきます)

本を読む時間がないというのは言い訳で、「本を読まないから時間がない」というのは、まさにその通りかと思います。

私も帰宅してから、食事して、風呂に入り、インターネットを見て回り、たまにテレビを観て、なんて生活でしたが、この本を読んでから、2日に1冊は読むようになりました。そのペースができあがるまでは試行錯誤でしたが、今では本を読まないと、落ち着かない、と言う状態です。

非常にお薦めの1冊です。


レバレッジ・リーディング” (本田 直之)

ad by Google

ad by Google

-
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「歩くバンコク」がiPadアプリになっていた!

2007年8月までは毎年行っていたタイ。 それ以来、家庭の事情もありタイには行っていないのですが、この「歩くバンコク」という本は毎年買っていました。 簡単に言えば単なるガイド本なのですが、BTS(バン …

no image

星を継ぐもの

ジェイムズ・P・ホーガンの大傑作「星を継ぐもの」が出版されたのは、なんと1980/5/23なんですね。 そのときかどうかは、今となってはよく覚えていないのですが、相当昔にこれをはじめとするシリーズ(「 …

no image

お薦め本:佐藤優氏

ここ数日で佐藤優氏の本を2冊続けて読みました。 1冊目は、「国家と人生」。竹村健一氏との対談です。 国家と人生—寛容と多元主義が世界を変える竹村 健一太陽企画出版2007-11定価 ¥ 1,680おす …

no image

「2010年南アフリカW杯が危ない!」

書店でうろうろしていたら、「2010年南アフリカW杯が危ない!」という新書を見つけました。 もともとバックパッカーだった私は、当初のアジアからアフリカに徐々に興味が移っていったものの、やはり遠くてなか …

no image

今更ながら「容疑者Xの献身」

昨日に引き続き、東野圭吾繋がりです。 ドラマ「新参者」「赤い指」が想像以上によかったので、東野圭吾作品で特に人気の高い「容疑者Xの献身」を読んでみました(私自身は、東野圭吾作品の最高傑作は「白夜行」だ …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm