退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

新宿に「鮫」が帰ってきた

投稿日:

何のこっちゃ?という方もいるかもしれませんが、ファンにしてみれば「やっと来たか」という印象。

大沢在昌の小説の「新宿鮫」シリーズの最新刊がついに刊行。

前作が5年前というので、ほとんど記憶に残っていないのですが、このシリーズの伏線となっているある事実が未だに明らかになっておらず、いつかは新作が出るだろう。もしかしたらその事実が明らかとなって、シリーズ終焉となるかも、などと考えてもいたのですが、どうやらまだシリーズはまだ続くようです。

ただし、私自身、ここ3年くらい小説を読んでいないんですよね。

理由は「小説は速読できないから」。

中には小説も速読してしまう人もいるかもしれませんが、私は小説以外の本(たとえばビジネス書など)は速読で一気読みしてしまうのですが、やはり小説は味わって読みたいものと考えているので、時間をとられます。

週休二日制なのですが、仕事が不規則勤務で連休が取りづらいということもありますが、ほかにもやりたいことがたまっており、なかなかゆっくり読書という時間が持てません。

気になる小説は買ってはいるんですけど。

特に東野圭吾さんの小説は好きで、日本の小説のナンバーワンは「白夜行」だと思っているくらいなので、新作は必ず購入します。ここのところ立て続けに新作が出ているので、ちょっと書き急ぎすぎではないかと心配ですが。

とりあえず今月中は難しそうですが、7月になると休みが取りやすくなるので、どこかで小説をゆっくり読める日を取りたいと考えています。

ad by Google

ad by Google

-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

お薦め本:佐藤優氏

ここ数日で佐藤優氏の本を2冊続けて読みました。 1冊目は、「国家と人生」。竹村健一氏との対談です。 国家と人生—寛容と多元主義が世界を変える竹村 健一太陽企画出版2007-11定価 ¥ 1,680おす …

no image

昨日、アマゾンから届いた本(追加)

昨日、届いた本の紹介をしましたが、1冊忘れていました。 “2日で人生が変わる「箱」の法則” という本です。 以前、同じ著者の“自分の小さな「箱」から脱出する方法&# …

Amazon kindle voyage が届きました

Amazonで新しく発売された電子ブックリーダ kindle voyage が届きました。 製品発表時に迷っていたら、あれよという間に初回出荷分がなくなり、私が注文したときはお届けが12月中旬となって …

no image

国境なき記者団Tシャツ

以前のエントリーで書いた「国境なき記者団」の北京オリンピック抗議Tシャツですが、けっこう検索で来られる方もいらっしゃるようです。 特に書いてませんでしたが、ちゃんと到着してます。 デザインは、こんな感 …

no image

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

この本が出たことを新聞の広告で知り、すぐに注文したものの、続編が出る頃になってやっと読み終わりました。 環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))武田 …

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

Last.fm