退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

旅行

鴨川シーワールドに行ってきました

投稿日:2010年8月27日 更新日:

子どもが塾の夏期講習やらで大忙しだったので、夏休みの最後になっちゃいましたが、鴨川シーワールドに行ってきました。実際には前日(8/26)に近くのホテルに泊まり、27日の朝からシーワールドに出かけたというわけです。

東京からそんなに離れていないので直接行ってもいいのですが、前日から行っていたのには訳があります。それはシーワールドには、イルカにタッチとかシャチにキスとかの体験コースがあるのですが、これが大人気でふだんは園内の中央案内所で整理券を配布するため、開演前の入り口で並び、開園と同時に猛ダッシュして手に入れないといけないらしいんです。

ただ、夏休み期間中などは入り口で整理券を配布するため、開園1時間くらい前から列ができはじめます。私たちは30分前でいいだろと思って出かけたのですが、すでに50番目でした。

いちばん人気なのはシーワールドの裏側を体験できるコースのようで、40番の段階でもう締め切り。次いでベルーガにタッチもやはり締め切り。目的はイルカにタッチとシャチとの記念撮影だったので、これは無事希望の時間が取れました。

これが取れればあとはショーを見て回るのみです。

まずはイルカショー。いろいろな水族館で見慣れてはいるものの、4匹ものイルカのショーには迫力がありました。

DSC00025.jpg

ショーが終わるとチケットを持っている人のみが呼ばれ、イルカと記念撮影です。

CIMG0012.jpg

家族ひとりひとり、イルカにタッチして写真を撮ることができます。また家族全員でも撮影してくれます。イルカに触ったのは初めてでしたが、ゴム長靴を触ったような感触でした。

次に見に行ったのがベルーガのショー。ベルーガって、白イルカ(クジラ?)のことです。結構大きいです。水槽の中をゆったりと泳いでおり、酸素ボンベを背負ったスタッフが水槽の中に入りショーが始まります。

DSC00037.jpg

空気の輪っかをはき出したりして、なかなか愛嬌のある動物です。ところでベルーガって頭の所に大きなコブがあるんですが、知ってますか?

外見からすると固そうに見えるんですが、実はプニョプニョなんです。水槽に入ったお兄さんが手でプルプルさせると、ベルーガも気持ちよさそうにしています。これは触ってみたい!

ベルーガにタッチの整理券がいち早くなくなってしまったわけがこれでわかりました。また次に行くとしたら8時から並んで、ベルーガにタッチをいち早くゲットします。

ここで外に出ると、ちょうどペリカンの大行進に出くわしました。

DSC00012.jpg

これも定期的に行われているようです。

そして最後は、シャチのショー。

その重さゆえイルカのように軽快にと言うわけにはいきませんが、迫力あるショーを楽しめました。ただし、席によってはずぶ濡れ覚悟のショーです。

CIMG0025.jpg

うまく撮れませんでしたが、シャチが尾びれで水を観客席にバシャバシャとかけていきます。まあこれが楽しいので、わざわざぬれる席に座っていたのですが。

あとはおきまりのジャンプ。

CIMG0026.jpg

そしてお姉さんを口先に乗せての泳ぎ。

CIMG0033.jpg

圧巻だったのは、反転しながらのジャンプで、尾びれでボールを叩く場面。

CIMG0034.jpg

最後は、いちばん大きなシャチが、すーっと陸上に上がって、お披露目。

CIMG0036.jpg

これでショーは終わりなのですが、チケットを持っている人は別に呼ばれます。シャチとの記念撮影です。

シャチはこんな具合で陸上に揚がってきます。

CIMG0037.jpg

このシャチの後ろに立って記念撮影となるわけです。ところで、イルカもそうですが、シャチでも記念撮影は、自分が持っていったデジカメで撮ってくれます。さらに専門のカメラマンが専用のカメラでも撮影してくれて、30分後くらいにフォトセンターに行くと、6つ切りサイズの写真ができている、という仕組みになっています。これは買うも買わないも自由です。

これから行く人のためのアドバイスとしては、どのショーも30分前には席を確保しておきましょう。いい席は結構前に確保されてしまいます。

イベント(イルカにタッチなど)のチケットは争奪戦です。どうしても参加したいものがあるなら、開場1時間前には並んでいましょう。

シャチにキスは、結構ガツンと来るようです。体験した人に聞くと、「結構痛い」とのこと。覚悟しましょう。

でも、都心からさほど遠くないところで、これだけ楽しめる場所があるって、いいなあと思います。アクアラインも安くなりましたし、前日から泊まらなくとも、朝早く出発すれば余裕で1時間前には着くんじゃないでしょうか。

けっこうお薦めのスポットです。

ad by Google

ad by Google

-旅行

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

アンコールワット観光について(その1)

アンコールワット観光についての総括です。 基本事項ですが、アンコールワットはシェムリアップという街の近郊にあります。 ですので、日本から行くためには、ベトナム経由かタイ経由で行くことになります。 私は …

no image

バンコクについて

最近のタイは、軍によるクーデターがあってから、なかなか政権が安定せず、前政権であるタクシン氏を支持する層も根強いこともあって、一時期よりも政情不安の要素があります。 もともとタイは南部のイスラム教徒と …

no image

アンコールワット観光について(その2)

アンコールワット観光では、ひたすら歩いて遺跡を見て回ります。ですので、歩きやすい履き慣れた靴を履いていくことをお薦めします。ただし、雨期に観光に行く場合は、雨で地面がぐちゃぐちゃになっている可能性もあ …

no image

タ・プローム

シェムリアップ3日目は、少し離れた遺跡を見に行きました。 この日だけ、朝から雨でしたが、そんなに強い雨ではなかったので、一部の観光客くらいしか傘を差している人はいません。 雨の遺跡というのも、少し風情 …

no image

バンコクでのんびりしています

もう毎年タイに来るようになって、10年近く。 バンコクではのんびりして過ごしています。 お昼頃起き出して、サイアムのタイ料理屋で昼食。 その後、パラゴンをぶらついて、CDなど買ってから、なじみのタイ古 …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm