no-image

Sennheiser MM 450 TRAVEL レポート(その2)

さて、Sennheiser MM 450 TRAVELの気になる音質はどうでしょうか。

こればっかりはあくまでも私の主観になるので、違う意見の方もいらっしゃると思いますが、ご容赦を。

以前、QuietComfort15で聴いてみたBlack Eyed PeasのThe E.N.D. (The Energy Never Dies)を最初に試してみました。

QC15では物足りなかった低音もバッチリ再生してくれます。これは結構いけます。

ほかのボーカル、ジャズと聴いてみても、非常に高音質で、まだ充分聴きこんだとは言えませんが、今のところ非常に満足です。

海外のレポートでは、「BlueTooth利用時と、有線時とでは音質にほとんど差が見られない」なんてのもありましたが、やはり差はあります。ただし、BlueTooth利用時でもこれだけ高音質で再生できるようになったのだなあ、と技術の進歩を感じさせてくれます。

ノイズキャンセリングについては、

QC15 > MM 450 > BH-905

と言ったところでしょうか。

これはさすがにQC15は圧勝ですね。あのスイッチを入れた瞬間の静けさというか、なんだか空気が抜けたように耳に吸い付く感じがするのに比べるとおとなしめですが、静かだと思っている夜の自室でも、スイッチを入れるとシーンとする感じがわかります。BH-905は、地下鉄に乗るときに使っていて、社内に乗り込んだあとで、あれ?ノイズキャンセル効いてる?と思わず、スイッチをオフにして確認してしまうこともありました。

これは連休後の出勤時に使って見るのが楽しみです。

QC15と比較して、圧倒的に不利なのは、バッテリーの持ち。QC15は単4電池1本で35時間も使えますが、MM 450は専用バッテリでノイズキャンセリングを有効にした場合8時間しか持ちません。バッテリは取り外せるので、いずれバッテリ単体で発売されるかも知れませんが、長時間のフライトではちょっと厳しいですね。

ただし、有利な点はやはりコンパクトさ。

専用ケースが付属していますが、ほぼ新書サイズ。小さなカバンにも気軽に放り込んで持って行けます。

まだ通話は試していませんが、iPhone用の無線ヘッドセットを探されている方には、お薦めできる製品と言えると思います。