no-image

Sennheiser MM 450 TRAVEL が届きました(その1)

新しくSennheiser社から発売されたヘッドセット、MM 450 TRAVELが届きました。

ヘッドフォンだけでもういくつ買ってんだ!、と言われそうですが、QuietComfort3を除き、なかなか満足のいくヘッドフォンに出会えていないと言うのが本音です。

音質的には、UltimateEars Triple.fi 10VIで非常に満足していて、毎日の通勤時にはこれを愛用しているのですが、いかんせん有線の宿命で、ケーブルが邪魔なのがすごく気になります。

そこでいろいろ手を出していたのですが、過去に買った製品はヘッドフォンだったりヘッドセットだったりと、ブレまくりです。

今回買った製品は、Sennheiserの最新のヘッドセット。BlueToothでも有線でも使え、ノイズキャンセリング機能も搭載と、機能的には充分です。

製品発売のニュースを見て、デザイン的にも気に入ったので、「今度こそ」という気持ちで購入してみました。

外箱はSennheiser社おなじみのデザイン。

R0010782.jpg

今回は珍しく個人輸入ではないので、裏側の説明も日本語です。

R0010785.jpg

本体は非常にコンパクトに収まっています。こんな感じです。

R0010788.jpg

このままNOKIAのBH-905と比較すると、

R0010789.jpg

ずいぶん差があります。たしかにTravelという名をつけるだけあって、持ち運びにはこれだけコンパクトに収まる方が有利でしょう。

広げて比較してみても、この通り。

R0010787.jpg

でもこの写真を見ておわかりのとおり、装着感はMM 450のほうがきつめです。長時間装着は耳が痛くなりそう。

同梱品としてはUSBケーブルと、ACアダプタ。ACアダプタには世界各国のコネクタに差し替えられるようになっています。

あとは有線で接続する場合のケーブル(飛行機内で使う場合は必要ですね)、標準ステレオプラグ、飛行機用プラグ。

現在充電中なので、聞いた感想は後ほど。