no-image

THIS IS IT を観てきました

仕事帰りに、新宿ピカデリーによって、THIS IS ITを観てきました。

金曜日の夜と言うことでロビーは大混雑。19:00開演という、ちょうど仕事帰りにはぴったりの時間のためか、開場のアナウンスがあったとたん、ロビーにいた人のほとんどが大移動。サラリーマン風の人も多かったです。

劇場も広めのホールを使っていたと思うのですが、ほぼ満席。

当初2週間限定といっていたはずが、いまだにこれだけの動員ですから、無期(?)延期状態なのもわかる気がします。

当初の予定通り2週間の上映では予定が合わずに見ることができなかったので、USのiTunesストアでPre-Orderしていました。ただし、通常のPre-Orderだと、いつからダウンロードできるか明示してあることがほとんどなのですが、これに限っては「できるだけ早く」としか書かれておらず 、いまだにダウンロードはできていません。おそらく公開が終了してからなんでしょうね。

で、USのiTunesストアでサントラだけ買っていたのですが、公開期間が延びたので、やっと今日観に行けたというわけです。

ThrillerやBadなどの頃はよく聴いていたのですが、その後はどちらかというと、黒人なのに白い、奇行が目立つ、変人というイメージがつきまとっていて、興味が薄れていたのですが、はっきり言ってこの映画を観て、そういったイメージは吹っ飛びました。

スゴイの一言です。

50歳という年齢にもかかわらず、その年齢を感じさせないダンス、パフォーマンス。カリスマ性。

ライブを少しでも良くしよう、観客に喜んでもらえるようにしていこうという、プロとしての姿勢。

どれをとっても、本物のすごさを感じます。

Man in the Mirrorの時なんか、鳥肌が立ってしまいました。

映画が終わると、映画なのにもかかわらず、観客全員で拍手。いい雰囲気でした。

MacのiTunesの画面や、iPhoneに転送して観たのでは、この迫力は伝わらなかったでしょう。

ぜひ劇場で観るべき映画です。

映画というより、ライブに行った気になります。

まだ観ていない方、あんまりマイケルジャクソンには興味はないけど、という方もぜひ!