no-image

NOKIA BH-905 レポート(その1)

昨日はいろいろ忙しく、NOKIA BH-905の方しか触れませんでした。

装着感は悪くないのですが、いつもつけているのがイヤフォンで、ヘッドフォンをする機会が少ないので、長時間の使用はやはり耳が痛くなります。

まずはBlueToothでの使用から試してみました。

iPhoneのとペアリングは簡単です。

iPhoneの設定画面からBlueToothの画面を出しておき、BH-905のmultifunctionキーを2〜3秒間押していると、iPhoneの方でBH-905を認識してくれます。iPhoneの画面に、「BH-905が接続を要求しています」と出て、「OK」だったか「はい」だったかは忘れましたが、接続を認めると、接続完了です。パスコードも必要ありません。

これでさっそく再生。って、いきなり最大ボリュームかよ!ビックリしました。これから使われる方、要注意です。

音質はBlueTooth経由にしてはけっこういい方だと思います。

以前、BT3030経由で手持ちイヤフォンを使っていたときより、遙かにいい音です。

スイッチ類については、Play/Pauseキーは使えます。Forward、Rewindについては、すでに他の方からも報告されているとおり、BH-905でも使えません。無反応です。これはAppleの対応待ちでしょうね。ファームウェア3.1で対応してくれればいいのですが。

次に、有線での使用です。

BH-905はデバイスと有線でつなぐこともできるので、無線での利用が禁止されている飛行機などでも利用することができます。オプションとして機内用プラグも添付されています。

さっそくケーブルをつないで聴いてみました。

サンプルはBlueToothの時と同じ、Perfume。

ふつうなら、有線にした方が音がよくなるだろうと思うでしょ。

ところが、これがひどい音。特にボーカル部分がそっくり抜け落ちたようになっていて、カラオケを聴いているような感じ。

何か設定を間違っているのかと思い、本体のボタンをあれこれ触ってみても変わらず。

これは変だ、と思ってマニュアルを読んでみると、標準の3.5mmのオーディオコネクタにつなぐときは、AD-63というアダプタを使えと書いてありました。添付されているケーブルのプラグも3.5mmなので、iPhoneにすんなり刺さってしまいましたが、わざわざ変換プラグを挿さないといけないようです。

これを使うときれいな音で再生され問題はなくなりましたが、コネクタ部分が異様に長くなって、あまりスマートじゃありません。

やはりこのヘッドセットは、BlueToothで使うのがお似合いのようです。

ノイズキャンセリング効果の方は、まだ自宅でしか使っていないので、どれほどのものかは確認できていません。来週通勤時にでも使って試してみたいと思います。